Phase024 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/多摩美界隈⑨PartⅡ


024001 S024001
左:『超人バロム・1』第26話より
右:2010年12月
『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く」で、猛の投げたボップに反応し、ジャンプする健太郎のカット。
この後、二人は、バロム・1に変身する。
場所は、Phase023で取り上げた個人邸宅から階段を挟んだ反対側。

024002 S024003
左:『超人バロム・1』第26話より(映①)
右:2010年12月
『超人バロム・1』第26話で、バロム・1と対峙するハネゲルゲ。
上述したガレージ脇にハネゲルゲが立っている。


024003 S024004
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2010年12月
映画像①でハネゲルゲの背後に写る、ハートをモチーフにした(?)白いフェンスが特徴的な邸宅。
ここに掲載した映画像は、Phase023に掲載した階段から撮影されている。
『超人バロム・1』第20話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」では、猛(演/飯塚仁樹)の姉・紀子(演/戸島和美)の友人・明美(演/大森不二香)の家として使用された。

02004 DSC03459
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2010年12月
この洋風然とした佇まいは、恰も高台に聳える古城と言える、・・・言えた。

024005 S024006
左:『好き!すき!!魔女先生』第23話より
右:2015年11月
『好き!すき!!魔女先生』第23話「恐怖の毒薬!地獄の妖女」では、月ひかる(演/菊容子)の教え子・岡本カオル(演/高柳孝子)の実家という設定で使用された。

024006 024007
上2枚:『好き!すき!!魔女先生』第23話より
S024007
下:2015年11月
『好き!すき!!魔女先生』第23話で、月先生がアンドロ仮面に変身したのは、外灯の前。

024008 S024008
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2008年12月
024009 S024009
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2008年12月
猛らが開けようとした玄関も健在・・・、だった。

S024010
上:2017年3月
2017年3月現在、フェンスを残し、更地となっている。
建て替えかは不明だが、古城は幻と消えた・・・。


024010 024011
上2枚:『好き!すき!!魔女先生』第17話より
S024011
下:2009年8月
『好き!すき!!魔女先生』第17話「恐怖の帝王アンドロメダ来る!」で使用された坂道で、上掲の古城然とした邸宅の南側に位置する。
掲載した映画像は、教頭先生(演/牧冬吉)が、東西学園の生徒・小島タケシ(演/川口英樹)の弟(演/役者不明)を捜索するシーン。
奥に見えるのは、『川崎市立西生田小学校』の旧校舎と旧体育館である(平成12年に全面建て替え工事が行われ、現在は近代的校舎に様変わりしている)。
尚、Phase023で紹介した「多摩美台ものがたり」には、「私の見た時は、前にお話しした嵐のため、跡かたもなく崩れ落ち、赤土の急斜面の中に、点々として大谷石が転がり、まことに惨憺たる有様でした」(原文まま)という記述がある。
〝嵐〟とは、1958年9月26日に襲来した伊勢湾台風のことで、〝赤土の急斜面〟とは、この坂道周辺を指している。

024012 S024012
左:『どっこい大作』第11話より
右:2016年4月
024013 S024013
左:『どっこい大作』第11話より
右:2016年4月
掲載した映画像は、『どっこい大作』第11話「呪いの味をうち砕け!!」で、この坂を転げ落ちるラーメン太郎(演/山田太郎)。
上掲の『好き!すき!!魔女先生』に映る風景とはあまり変わりないようである。


(主参考文献)
「多摩美台ものがたり」(佐藤憲次/1984年)


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く」(1972/9/24放送)
『超人バロム・1』第20話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」(1972/8/13放送)
『好き!すき!!魔女先生』第23話「恐怖の毒薬!地獄の妖女」(1972/3/5放送)
『好き!すき!!魔女先生』第17話「恐怖の帝王アンドロメダ来る!」(1972/1/23放送)
『どっこい大作』第11話「呪いの味をうち砕け!!」(1973/3/19放送)


Phase024 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase023 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/多摩美界隈⑨PartⅠ

今回は、『多摩美界隈』某所に佇む階段を取り上げたいと思う。

022001 022002
S022002
上2枚:『仮面ライダー』第96話より
下:2016年4月
022004 S022005
左:『仮面ライダー』第96話より
右:2008年12月
この階段では、『仮面ライダー』第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!」において、サボテンバットが主婦らをサボテン化するシーンの一部が撮影された。
現在、往時には無かった手摺りが中央に備え付けられ、ステップ自体も既に改修されている。

022005 S022007
左:『仮面ライダー』第96話より
右:2005年12月
サボテンバットのアップ・カットが撮られた階段中程からの俯瞰アングル。

022010 S022014
左:『好き!すき!!魔女先生』第21話より
右:2008年12月
『仮面ライダー』第96話の放送から約一年前、『好き!すき!!魔女先生』第21話「呪いの金貨」で映し出された階段の様子。
ここは、天候や時間帯によって随分と違う印象を与えるが、やはり最も絵になるのは、晴れた日の夕刻。
階段に写し出される街のシルエットが美しくも、何処かもの悲しい。

022008 S022012
左:『どっこい大作』第14話より
右:2015年11月
まだ多摩美が多摩美台と呼ばれていた頃、「多摩美台長寿会会報」の第42号から第59号にかけて、「多摩美台ものがたり」と題された手記が連載された。
これは、昭和33年からこの地にお住まいになられていた故・佐藤憲次氏が手掛けたもので、昭和59年には、ご子息の憲光氏が小冊子にまとめられている。
そこには、多摩美(多摩美台)の変遷が詳細に述べられており、この階段についても、「今は立派になって居りますが、大谷石まるだしの階段が、今の通りの状態で出来て居りました」(原文まま)などと、数箇所にその様子が記載されている。
掲載した映画像は、『どっこい大作』第14話「すごい奴がまっていた!!」に映し出される、〝大谷石まるだし〟時の階段の様子。
これはこれで、非常に味わい深いものがあるのだが・・・。

022011 S022015
左:『好き!すき!!魔女先生』第21話より(映①)
右:2009年8月
022012 S022016
左:『好き!すき!!魔女先生』第21話より
右:2010年12月
こちらは俯瞰で捉えたアングル。
好き!すき!!魔女先生』第21話では、正夫(演/藤江善幸)が、世界中のコインをクラスメイトに売り、小遣い稼ぎをしようとするシーンが撮影された。
一目瞭然、擁壁の一部とフェンスが見事なまでに現存する・・・現存した(詳細は次回)。
東への路地脇にある擁壁は、後年に改修されたようである。
尚、映画像①でも分かるとおり、『好き!すき!!魔女先生』には、この後、『仮面ライダー』で少年仮面ライダー隊のナオキを演じた矢崎智紀、『仮面ライダーV3』で珠シゲルを演じた川口英樹を始め、当時、名を馳せた子役達が数多く出演している。

022013 S022017
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2008年12月
『超人バロム・1』第20「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」でワン・カットだけ使用された階段の俯瞰アングル。

022014 S022020
左:『どっこい大作』第15話より
右:2016年4月
022015 S022021
左:『どっこい大作』第15話より
右:2008年12月
『どっこい大作』第15話「磨け!鬼の道!!」に映し出された俯瞰アングル。
階段下部西側のガレージが現存する。

022016 S022022
左:『どっこい大作』第15話より
右:2015年5月
階段上で、麻生区高石3丁目方面をアップで捉えたアングル。
この眼下東側に「魚千代」という魚屋があるが、前述の「多摩美台ものがたり」には、昭和33年頃のこの周辺の様子が以下のように記されている。
「魚千代から少し階段寄りの処にそれこそわびしい裸電球の外灯がポツンとともされ如何にも未開地だなと思わせましたが、それでも魚千代の店の灯りと共に、防犯にはいくらか役に立ったものです」(原文まま)

022017 S022026
左:『超神ビビューン』第22話より(映②)
右:2015年5月
『超神ビビューン』第22話「蛙が娘になる?ごめんね母さん」制作時、緑色の手摺りが設置されていたことが分かる。


022018 022019
上2枚:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
022020 022021
上2枚:『超人バロム・1』第26話より
S022024
上:2008年12月
掲載したのは、今も階段脇に佇む個人邸宅。
『好き!すき!!魔女先生』第6話「僕の弟はロボットだ!」では坂井邸として、『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く」ではシゲル(演/高尾将嘉)の家として使用された。

022022 S022027
左:『超神ビビューン』第22話より
右:2015年5月
022023 S022028
左:『超神ビビューン』第22話より
右:2015年5月
『超神ビビューン』第22話制作時、階段は既に大谷石からコンクリートに改修されていたことが分かる。

022024 S022029
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
右:2009年8月
022025.jpg S022030.jpg
左:『超人バロム・1』第26話より
右:2009年8月
門柱、及び門はリフォームされているが、その基本的凹凸構造は変わらない。
因みに、『好き!すき!!魔女先生』第6話では、元松竹の看板スター・小山明子が特別出演、坂井ノブオ(演/佐久田修)の母親役を好演した。
その際、『東映生田スタジオ』では大掃除が行われ、万全の態勢が敷かれたという。

022026 S022031
左:『超人バロム・1』第26話より
右:2008年12月
猛(演/飯塚仁樹)の背後に見える側溝が現存する。
前述の「多摩美台ものがたり」によると、多摩美(多摩美台)が開発され、住宅地として売り出されたのは、この階段周辺からだったという。

022027 S022033
左:『好き!すき!!魔女先生』第21話より
右:2009年8月
022028 S022034
左:『超人バロム・1』第26話より
右:2010年12月
S022035
上:2015年5月
現存する南側の擁壁。
芝生が植えられるなど綺麗に整備されているが、当時の雰囲気を存分に感じることが出来る。

022029 S022036
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
右:2008年12月
022030 S022037
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
右:2009年8月
掲載した映画像は、『好き!すき!!魔女先生』第6話において、坂井ノブオの家を後にする月ひかる(演/菊容子)と旗野先生(演/森本レオ)のシーン(上)、及びノブオがバラバラになった弟のケイタロー(ノブオが作ったロボット)を背負い、失意のうちに帰宅するシーン(下)で、共に擁壁の南側を階段から捉えた俯瞰アングル。
当時、ここに建っていた緑色のトタン屋根をした平屋建ては、その後、二階建てに増改築された(映画像②参照)ようである。

022031 S022039
左:『好き!すき!!魔女先生』第21話より
右:2010年12月
上掲した写真からも分かるように、一時期、更地の状態が続いていた(少なくとも、2005年の段階では既に更地であった)が、2010年に入り、白亜のコーポと一軒家が建築された。
掲載した映画像と写真を見比べてみると、西側奥に見える、外壁が茶色の住宅が現存しているのが分かる。


(主参考文献)
「多摩美台ものがたり」(佐藤憲次/1984年)


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第6話「僕の弟はロボットだ!」(1971/11/7放送)
『好き!すき!!魔女先生』第21話「呪いの金貨」(1972/2/20放送)
『超人バロム・1』第20「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」(1972/8/13放送)
『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く」(1972/9/24放送)
『仮面ライダー』第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!」(1973/1/27放送)
『どっこい大作』第14話「すごい奴がまっていた!!」(1973/4/9放送)
『どっこい大作』第15話「磨け!鬼の道!!」(1973/4/16放送)
『超神ビビューン』第22話「蛙が娘になる?ごめんね母さん」(1976/12/14放送)


Phase023 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase022 『東映生田スタジオ』④ 【第1ステージの謎】

(編集前記)
ロケ地に関する記事を暫く続けましたので、久しぶりに『東映生田スタジオ』にについて記したいと思います。
前回掲載分は、phase009 『東映生田スタジオ』③ 【真の裏話】(2017/2/14)ですので、それ以前の記事も含めてご参照頂ければ幸いです。



東映(東京制作所)と「細山スタジオ」との間で交わされた賃貸契約について、関連書籍には「1971年、年明け間もない頃」、或いは「1971年1月」といった記載はあるものの、その具体的締結日は何処にも見当たらない。

1971年1月23日という日付は、本契約書、及び覚書の発見によって明らかとなった。

尚、『東映生田スタジオ』には、最終的に第1ステージ、第2ステージ、第3ステージの三棟のスタジオが存在したが、当初はまだ第3ステージは建てられていない。
また、『東映生田スタジオ』における第1ステージ、第2ステージを、「細山スタジオ」ではそれぞれ第2ステージ(№2ステージ)、第1ステージ(№1ステージ)と呼称していたが、その他の施設も含めて、以下、注釈を記さない限り、本項では『東映生田スタジオ』での呼称で統一する。

S023001 S023002
上2枚:1971年1月23日付で交わされた契約書(以下、契約書①)の一部。
右にある石田人士とは、内田有作に新番組(『仮面ライダー』)制作を言い渡した人物である(Phase006参照)。

契約書①における契約期間は、1971年2月1日から同年4月30日までの三ヶ月間。
その対象物件は、以下の四施設であった。
・第2ステージ
・変電室
・スタッフルーム
・生田美術・小道具倉庫

ここで、すぐさま異論を唱えた方もいらっしゃるだろう。
「『仮面ライダー』のクランク・インは、第1話「怪奇蜘蛛男」における本郷猛の改造手術シーンであり、それは1971年2月7日、第1ステージに組まれたショッカー・アジトのセットで行われたはず」だと。

確かにそのとおりである。
しかし、契約書①には、第1ステージの文字が何処にも見当たらない。
一体、どういうことだろうか?

実は、もう一つ、同日付で交わされた覚書(以下、覚書①)、更には第1ステージも対象物件として記載されている契約書(以下、契約書②)と覚書(以下、覚書②)が存在したのである。
そこに何かヒントがあるのではないだろうか?
以下、考察してみたいと思う。

1月23日付で交わされた覚書①には、「貸主(𡈽方氏、箕輪氏)は、第1ステージを貸主(東映東京制作所)以外の第三者に賃貸する場合は、予めその旨を通知の上、了承を得なければならない。但し、その時点において、希望する場合、借主は優先的に当ステージを賃貸出来る」といった趣旨の内容が記されている。

S023003 S023004
左:1971年3月1日付で交わされた契約書(以下、契約書②)の一部。
内田の印は、おそらく内田有作のものと思われる。
右:同日付で交わされた覚書(以下、覚書②)の一部。

契約書②の対象物件は、以下の五施設。
・第1ステージ
・第2ステージ
・変電室
・スタッフルーム
・生田美術・小道具倉庫

ここで、契約書、及び覚書に則り、一度整理したいと思う(■・・・変電室、スタッフルーム、生田美術・小道具倉庫)。
1月23日・・・・・・・・・・・賃貸契約①締結(覚書①含む)
2月1日~28日・・・・・・・・使用(第2ステージ+■)
3月1日・・・・・・・・・・・・賃貸契約②締結(覚書②含む)
3月1日~4月30日・・・・・・使用(第1ステージ+第2ステージ+■)

真相は如何に―。
上記した覚書①の内容と、クランク・インを考慮すると、契約書①、及び覚書①が交わされた1月23日以降、遅くともクランク・イン前日の2月6日までに、東映(東京制作)側は、第1ステージについても賃貸を希望し、𡈽方氏、箕輪氏も承諾したと考えてまず間違いないだろう。

ではそもそも何故、同じ「細山スタジオ」の施設であるにも関わらず、1月23日の賃貸契約①締結時に、第1ステージを盛り込まなかったのか、以下に考察してみたいと思う。

まず以って、春の放送開始まで残された時間はあと僅か。
にも関わらず、制作拠点となるスタジオが確保出来ていなかった状況は、東映(東京制作所)、殊に内田有作にとっては、文字どおり危急存亡の心中だったはず。
最低限1クール分の制作に必要な期間(少なくとも三ヶ月ぐらいか?)が賃貸出来さえすれば、スタジオのスペースが余程狭く無い限り、例え一棟だけでも契約を締結したかったに違いない。
そのため、まずは〝スタジオの確保〟を実現させることを優先とし、前述、最低限必要な条件(対象施設)がクリア出来てさえいればよいと判断、その後の使用も鑑み(不測の事態に備え)、第1ステージを対象とした覚書①を準備したうえで、契約書①を締結したのではないだろうか。
或いは、当契約締結時、例の荷物が第1ステージにまだ多少残っていたのだろうか・・・。
これはあくまで憶測の域だが、少なくとも東映側が、間もなくして第1ステージに関しても賃貸を希望したことは、史実からしても疑う余地は無い。

では、何故、東映側が、第1ステージの賃貸を希望した段階(1月23日~2月6日の何れか。但し、セットの組み立てを考えれば、前日の2月6日は有り得ないのではないだろうか)で、別途、契約書は作成されなかったのだろうか。
契約書②、つまり3月1日付で交わされた契約書の第13条には、「本契約締結と同時に、1月23日付で締結した賃貸契約は失効する」旨の記載があり、1月24日以降、2月末日までの間に別途契約書が作成されていないことは明らかである。
この点について、箕輪氏のご子息・広実氏から大変興味深い証言を得ているので紹介したいと思う。

「親父(編注:正治氏)は、日取りを決める時、切りが良い日を好みました。例えば、この件について、実際には1月24日から第1ステージが使用されていたとしても、契約開始日は2月1日にしたと思います。ですから、契約(編注:契約書②)上、契約期間が3月1日になっていることから考えて、東映は2月に入ってから第1ステージを使わせて欲しいと言ったと思います。もしも、1月中に使いたいと言ってきていたら、第1ステージを盛り込んだもの(契約期間は2月1日~4月30日)に作り直し、再契約したと思うんです。この契約書(契約書①)の日付が1月23日になっているのは、最初の契約だったので、実際の日付通りにしたんだと思います。つまり、2月に入ってすぐに、東映は第1ステージについても賃貸を希望、親父たちは、2月中は無償で貸し、3月1日という切りの良い日付でこの契約(契約書②)を結び直したんじゃないかと考えられます。親父は、そういう性格でした」(談/箕輪広実氏)

残念ながら、箕輪正治氏は既に他界されており、また𡈽方氏も憶えていらっしゃらないとのことで、真相は藪の中。
しかし、正治氏の性格を熟知している広実氏の証言は大変興味深く、且つ経時的にも辻褄の合う考察と言えよう。
現段階では、広実氏の推察に則ったこの経緯が、最も信憑性が高いと思われる。

ここで、氏の推察に則り、改めて経緯を時系列にまとめてみると以下のようになる。
1月23日・・・・・・・賃貸契約①締結(覚書①含む)
2月1日~X日・・・・・使用(第2ステージ+■)
2月X日・・・・・・・・東映が第1ステージ使用を希望し、𡈽方、箕輪両氏も了承
2月7日・・・・・・・・クランク・イン
2月X日~28日・・・・使用(第1ステージ+第2ステージ+■)
3月1日・・・・・・・・賃貸契約②締結(再)(覚書②含む)
3月1日~4月30日・・使用(第1ステージ+第2ステージ+■)
■・・・・変電室、スタッフルーム、生田美術・小道具倉庫
X日・・・不明(但し、2月1日~6日と推察される)

因みに、スタジオの運営について、広実氏はこのように仰っている。
「二人の間に明確な役割分担はなかったようですが、交渉は主に𡈽方さんと親父の二人で、経理や事務などの細かい仕事は専ら𡈽方さんに担当してもらっていたようです。生前、親父からそのような話を聞いたことがあります」(箕輪広実氏)

以上、当初のスタジオ使用について、新たに発見された契約書、覚書をもとに考察を試みた。
これら資料は、『東映生田スタジオ』の歴史を知る上で、史料的にも大変貴重なものではあるが、当初、𡈽方氏、箕輪氏、そして石田人士(東映東京制作所)所有用に各々三部ずつ作成されたものの、少なくとも箕輪氏所有分については、残念ながら既に現存しない。

何れにせよ、『東映生田スタジオ』の正式な開設日は、1971年2月1日であったことは断言出来る。


(編集後記)
今回、第1ステージの謎につきまして、愚生なりに考察を試みました。
と申しましても、所詮はド素人の考え。
実は○○ではないか、△△ではないだろうか・・・などのご一考、ご意見が御座いましたら、お聞かせ願えれば幸いと存じます。
宜しくお願い致します。

尚、今回、記載しております契約書、及び覚書は、その性格上、写真も含め、詳細な掲載は控えさせて頂きます。
一部掲載しました写真は、𡈽方工作氏、𡈽方進一氏のご厚意によるものです。
両氏には、この場を借りて御礼申し上げます。


Phase022 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase021 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/多摩美界隈⑥~⑧

「ファジーに記載する」としながらも、幾つかの作品、エピソードに跨り映画像を併載すると・・・。

【多摩美界隈⑥】
021003 S02103
左:『どっこい大作』第54話より
右:2016年4月
021004 S02104
左:『どっこい大作』第54話より
右:2016年4月
021005 S02105
左:『どっこい大作』第54話より
右:2016年4月
掲載した映画像は、『どっこい大作』第54話「ウソとハチのムサシ」において、タクシーの乗車を巡り、大作(演/金子吉延)が平田隆夫とセルスターズのメンバーと一悶着をするシーン。
唐突に現れる平田隆夫とセルスターズだが、ラスト・シーンでは、代表曲「ハチのムサシは死んだのさ」を披露している。
大作の背後にある斜めの門柱とその上に設置されたフェンス、及び映画像左に写る邸宅の外壁が現存している。
フェンスの傾きも往時のままというのは、まさに奇跡と言えよう。

021006 021007
S02108
上2枚:『どっこい大作』第54話より
下:2016年4月
021008 S02109
右:『どっこい大作』第54話予告より
左:2016年4月
角度の問題で分かり難いが、奥に見える水色の建物は当時から建っていた模様(当時は個人邸宅、現在はコーポ。リペイントを含め、多少の改修はされていると思われる)。
また、外壁の一部が紺色の建物は、当時は美容院であった。

02023 S02101
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
掲載した映画像は、Phase020で紹介した『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」の一連で、死神(演/天本英世)の魔の手から千鶴(演/平井幸代)を救出したドリちゃん(演/柿崎澄子)と虎男(演/安藤聖一)のカット。
影の向きから、夕刻に撮影されたことが分かる。

021002 S02102
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
上掲した映画像と同シーンで、逆アングル。
このシーンも、前述の『どっこい大作』第54話と同所で撮影されている。


【多摩美界隈⑦】
021010 S02113
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2015年11月
死神の姿が透視出来るという眼鏡をかけたドリちゃん。
背後のブロック塀が現存する。


【多摩美界隈⑧】
021011 021012
上2枚:『超人バロム・1』第19話より
S02111
上:2010年9月
掲載した映画像は、『超人バロム・1』第19話「魔人ヤゴゲルゲが子守唄で呪う」でワン・カット(ズーム)のみ使用された個人邸宅。
現在、北東側に建つ住宅の大木に遮られ、手前の十字路からでは上手く撮影出来ない。
そのため、掲載した写真は、そこから少し前進した場所からの撮影となっている。
因みに、当エピソードでヤゴゲルゲが唄う子守唄は非常に印象深く、我々に強烈なインパクトを与えた。
「ヤゴヤゴヤ~ゴの子守唄~、聞けばいつでも眠くなる~、ふわぁ~と眠りが忍び寄る~、ねんねんヤ~ゴよ、ヤゴ眠り~♪」

021013 S021112
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
『透明ドリちゃん』第23話では、ドリちゃんがこの坂道を駆け上がっている。
『多摩美界隈』には同様の坂道が多く、また今も残る類似の擁壁など、特定を容易にさせない要素が数多く存在する。
勿論、そうした要素自体が、そもそもロケ地解明の醍醐味を味わう要素と成り得るのだが・・・。
尚、件の住宅の外壁は、2010年9月の段階では白色に再塗装されていたが、現在はピンク色に再々塗装されている。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第19話「魔人ヤゴゲルゲが子守唄で呪う」(1972/8/6)
『どっこい大作』第54話「ウソとハチのムサシ」(1974/1/28)
『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」(1978/6/17)


Phase021 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

Phase020 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/多摩美界隈⑤


今回も、『多摩美界隈』の某所を取り上げたいと思う。

02001
上:『超人バロム・1』第20話より
S02001
上:2009年11月
『超人バロム・1』第20話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」で、木戸家として使用された個人邸宅。
増改築はされているものの、随所に往時の名残が感じられる・・・、感じられた。
2016年、残念ながら取り壊され、現存しない。

02003 S02002
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2009年11月
掲載した写真は、『超人バロム・1』第20話で、猛(演/飯塚仁樹)と姉の紀子(演/戸島和美)が会話をした石段部分。

02004 S02003
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2015年12月
掲載した映画像は、巣箱然としたポスト越しに撮影されている(取材にあったものは、往時のものとは僅かに形状が異なる)。
道路を挟んだ向かいの大谷石で造られた擁壁も、数年前までは現存していた。

02005 S02004
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2010年9月
同じく『超人バロム・1』第20話において、サソリ人間に包囲された猛を救うべく、木戸家へと向かう健太郎(演/高野浩幸)のシーンの一部は、当邸宅北側の坂道で撮影された。
つまり、劇中、健太郎は木戸家に向かって走っているのだが、実際の撮影では、その木戸家を通り過ぎていたことになる。

02006 S02005
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2015年12月
上掲した映画像の一連。
右側に石段部分、及び手摺りが確認出来るが、生い茂る草により、現在、同様の撮影は難しい。

02007 S02006
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2015年12月
同じく一連で、バロム・1に変身するため、健太郎がボップを投げるカット。
背後に見えるのは、一部現存する大谷石の擁壁。


02008 S02007
S02009
上左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
上右:2010年12月
下:2014年9月
02009 S02008
S02010
上左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
上右:2010年12月
下:2014年9月
『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話「黄色いスパイ戦!見たかYTCの威力」で使用された個人邸宅。
キレンジャー・大岩大太(演/畠山麦)らは、イーグル科学研究所で開発された地底探知機を廃品回収車にカモフラージュして移送することとなった。
掲載した映画像は、この計画を察知した黒十字軍が、彼らのカモフラージュを逆手に取り、一般人に成りすまして廃品回収を依頼、車を引き止めるカット。
場所は、前掲した木戸家の目と鼻の先。
こちらの個人邸宅もつい最近まで存在していたが、現在は賃貸アパートに変貌を遂げている。

02010 S02012
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
右:2010年12月
成長した庭木に遮られ分かり難いが、住宅の基本的構造に変わりはなかった。
尚、当シーンで一般市民(主婦)を演じたのは、『仮面ライダー』第76話で「怪獣のカンヅメ・モンスター」を売っていた由起 艶子。

02011 S02013
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
右:2014年9月
門内から捉えたアングル。
奥に見える白い外壁をご覧になって、ピン!と来られた方も多いはず。

02024 S02023
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
右:2015年12月
現存したブロック塀。

02012 S02014
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
掲載した映画像は、『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」における、ドリちゃん(演/柿崎澄子)と虎男(演/安藤聖一)の千鶴(演/平井幸代)捜索シーン
正面左側の住宅が往時の姿をそのままに残している。

02013 S02016
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2015年11月
同じく『透明ドリちゃん』第23話より、千鶴が死神(演/天本英世)の誘惑に乗り、事故で亡くした愛犬プチとの再会を夢見て、街を彷徨うシーン。

02016 S02018
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
背後の空き地は既に現存せず、今はガレージを有する立派な邸宅に変わっている。
左奥に見える階段に、当時の名残を感じることが出来る。

02014 02015
S02017
上2枚:『透明ドリちゃん』第23話より
下:2014年9月
上掲映像写真の一連で、千鶴を見つけたドリちゃんらは、この坂道を駆け降りる。
斜めに設けられていた電柱が姿を消しているのが分かる。

02018 02019
S02020
上2枚『透明ドリちゃん』第23話より
下:2014年9月
千鶴が立っていた坂道。
映画像に写る擁壁、外塀がそこかしこに現存する。

02020 S02021
上2枚:『透明ドリちゃん』第23話より
下:2015年12月
千鶴の肩に手を掛ける死神。
一方、基本的構造を残しながらも、既にリフォームされている箇所も多い。

02021 02022
S02022
上2枚:『透明ドリちゃん』第23話より
下:2015年12月
この坂道は相当な勾配があり、行き交うのはやはり車が多い。
しかし、時折、時間をかけて歩くご高齢者の姿も・・・。
きっと在りし日の『東映生田スタジオ』をご存知の方々に違いない。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第20話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」(1972/8/13)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話「黄色いスパイ戦!見たかYTCの威力」(1975/12/20)
『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」(1978/6/17)


Phase020 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR