Phase003 「細山スタジオ」➂

最初に、これまでの経緯をまとめてみると・・・。

1969年6月上旬(5日か?):「細山スタジオ」開設
1969年7月29日~同年10月28日:『新婚さん旧婚さん』放送
 (「小日向スタジオ」:使用期間は1969年6月中旬~9月中旬か?)
1970年10月3日~同年12月26日:『女三四郎 風の巻』放送
 (「大映生田スタジオ」:使用期間は1970年10月1日~11月15日)

こう見ると、『新婚さん旧婚さん』制作終了から『女三四郎 風の巻』制作開始まで、実に約一年もの空白期間があったことが分かる。
どういうことか―?
現段階で考え得る理由は二つあり、今回はその一つを記したいと思う。

・・・の前に。
『仮面ライダー』関連書籍数冊に、同作品以前、「細山スタジオ」では『旅がらす くれないお仙』(1968年/東映・NET)の制作が行われたとの記述が見受けられる。
当作品は、女渡世人のお仙(演/松山容子)と、その子分でスリの名人・かみなりお銀(演/大信田礼子)の珍道中を描いた時代劇で、1968年10月6日から1969年9月28日にかけて全五十二話が放送された。
しかし、先の記述は事実ではない。
先ず以って、当作品を手掛けたのは東映ではあるが、厳密に言うと、東映京都撮影所内にあった東映京都テレビ・プロダクション。
しかも、「細山スタジオ」が東映と契約を交わすのは1971年まで待たねばならず(詳細は後日記載)、そもそも設立は1969年6月である。
勿論、放送期間だけを捉えれば、1969年6月からの後半約四ヶ月のみ、同作品が「細山スタジオ」で制作された可能性は、(現実的ではないにしろ)完全には否定出来ない。
しかし、まさにその期間、「細山スタジオ」は「小日向スタジオ」と呼称され、そこにいたのは松山容子ではなく、なべおさみ。
時間軸からしても辻褄が合わず、𡈽方工作氏も「やってないね」と明言されている。

尚、余談ではあるが、後年、内田有作(『東映生田スタジオ』初代所長)の述懐にしばしば登場するのが、〝赤弁〟で有名な「ふくや」(既閉店)。
『新婚さん旧婚さん』制作時、なべおさみも、その「ふくや」に足繫く通っていたという。
「繁忙時には、自ら厨房に入って手伝ってくれてましたよ(笑)」とは、元女将さんのコメント。

閑話休題。
1969年末、「細山スタジオ」では、ある劇場用作品の制作が始まる。
「『新婚さん旧婚さん』の次に、吉永小百合の『あゝ野麦峠』をやったんだ」(談/𡈽方工作氏)
もはや説明の必要はあるまい。
日本を代表する名女優、あの吉永小百合である。
しかし、その制作は、程無くして頓挫してしまう。
この一連の出来事が、前述一年間の空白を及ぼした理由の一つではないだろうか。

「細山スタジオ」開設一年前、内田有作の実父・内田吐夢は、自身の人生を振り返り著した「映画監督五十年」(1968年/三一書房)を上梓。
それを底本とした「内田吐夢 映画監督五十年」(1999年/日本図書センター)の巻末年賦(提供/内田有作)には、この件に纏わる大変興味深い記述が見受けられる。

「昭和44年(1969) 七十一歳 監督作品なし。吉永プロ製作『ああ野麦峠』吉永小百合主演に没頭する。僚友・八木保太郎脚本、宮島義勇撮影で一部実景ロケまで実施したが、製作費・脚本上の問題で中止の止むなきに至る」(原文まま)

進行については「一部実景ロケまで」とあるが、制作自体には「没頭する」と記されており、実際にセット撮影に至らずとも、スタジオにおいては多かれ少なかれ準備が進められていたはず。
2017年1月現在、当件に関する契約書の類は見つかっておらず、残念ながら具体的契約期間、及び解除時期は判明していない(但し、『新婚さん旧婚さん』の制作を考えると、賃貸開始は早くとも1969年10月)。
よって、あくまで憶測の域を脱し得ないが、事後処理など、この中止に伴う影響が1970年に入っても暫く続いたものと推測する。

尚、𡈽方氏によれば、当作品における制作費の管理に携わっていたのは、K氏なる人物。
そう、歌舞伎座テレビ室との契約時、仲介役を務めた人物である(Phase002参照)。
「『あゝ野麦峠』の時に、ギャラの取り分でK氏らが仲間割れを起こしたんだ。それで中止になってしまった」(談/𡈽方工作氏)
上記年賦にある「製作費の問題」とは、このことを示していると思われる。

因みに、関連書籍の中には、「細山スタジオ」開設経緯について、「内田の実父である映画監督・内田吐夢が映画「野麦峠」(最終的には製作をせずに終わった)のために作った」(原文まま)との記述も見受けられるが、実際はPhase001で記したとおり。
でなければ、歌舞伎座テレビ室との契約は説明がつかない。
また、内田有作(東映)が「細山スタジオ」と契約を結んだ経緯について、「彼は、実父である内田吐夢(映画監督)の伝手を頼って手に入れた」(原文一部改)と記された関連書籍もあるが、元ネタは、この『あゝ野麦峠』と考えてまず間違いない。

一年間の空白を及ぼしたもう一つの理由、及び『東映生田スタジオ』誕生の実際の経緯については、改めて記したいと思う。

『あゝ野麦峠』、完成していれば、「細山スタジオ」の歴史も大きく違ったのかもしれない・・・。


(主参考文献)
「映画監督五十年」(著/内田吐夢 1968年/三一書房)
「生きているヒーローたち 東映TVの30年 講談社ヒットブックス⑯」(1989年/講談社)
「テレビマガジン ヒーローグラフィックライブラリー② 仮面ライダー」(1995年/講談社)
「内田吐夢 映画監督五十年」(1999年/日本図書センター)
「不滅のヒーロー 仮面ライダー伝説」(著/岡 謙二 1999年/ソニー・マガジンズ)
「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1」(2004年/講談社)


(編集後記)
既述、大映が去った後、いよいよ内田有作登場、つまり『東映生田スタジオ』伝説の幕開けとなります。
しかしながら、当ブログ開設以来、硬い内容が続きましたので、Prologueでも示しましたように、次回から数回に渡り、『東映生田スタジオ』作品のロケ地について一部ご紹介したいと思います。


Phase003 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。











スポンサーサイト

Phase002 「細山スタジオ」②

𡈽方氏によると、「細山スタジオ」で最初に制作されたのは、主人公・岩瀬進一をなべおさみが演じた『新婚さん旧婚さん』(1969年/歌舞伎座テレビ室・日本テレビ)。
源氏鶏太の『家庭との戦い』(1965年/新潮社)を原作としたホーム・ドラマで、1969年7月29日から同年10月28日に渡り全十四話が放送されている(毎週火曜日21時30分からの一時間枠)。

その初回放送日を鑑みると、歌舞伎座テレビ室との賃貸契約は、スタジオ開設間も無くして交わされたと推測出来るが、残念ながら具体的締結日は判明していない。
と言うのも、この歌舞伎座テレビ室との契約のみ、商起(Phase001「細山スタジオ」①参照)と関係のあったK氏なる人物が仲介役として交わしており、𡈽方氏、箕輪氏は直接関わっていないためである。

尚、その商起と関係のあったコヒナタ企画という会社が『新婚さん旧婚さん』の制作に関わっていたことから、歌舞伎座テレビ室が「細山スタジオ」を使用していた際、スタジオ名は「小日向スタジオ」と呼称されていた(下掲載台本内に記載あり)。

P00201
『新婚さん旧婚さん』第9話「内助の功というけれど」台本

『新婚さん旧婚さん』は、残念ながらDVDを始め、パッケージ化はされておらず(2017年1月現在)、フィルムが現存しているかも定かでない。

次に「細山スタジオ」で制作されたのは、「TOWN MOOK 増刊 Super Visual4 仮面ライダー」(1981年/徳間書店)などにも記載されているとおり、大映テレビ室が手掛けた『女三四郎』(1970年/東京12チャンネル)(但し、正式タイトルは『女三四郎 風の巻』)。
当作品は、主役の早乙女千秋を江波杏子が演じ、父(演/水島道太郎)の仇・飛鳥弦之介(演/佐藤 充)を倒すため、鈴鹿義秀(演/岡田英次)の下で血の出るような柔道修行を行うというもの。
毎週土曜日20時00分からの一時間枠で、1970年10月3日から同年12月26日にかけて全十三話が放送された。

P00202
『女三四郎 風の巻』第5話「爆発する竜神」台本(決定稿)

P00203
上掲『女三四郎 風の巻』第5話「爆発する竜神」台本(決定稿)内

上に掲載したのは、𡈽方氏の手元に現存する『女三四郎 風の巻』第5話「爆発する竜神」の台本(決定稿)。
注目すべきは、一頁を割き記された、スタジオへのルート地図である。
そこにある「大映生田スタジオ(大映テレビ生田スタジオ)」の文字。
関連書籍やネットで『東映生田スタジオ』について語られる際、当作品が「細山スタジオ」で制作されたということは、しばしば目にする内容である。
しかし、その制作時のスタジオ名が「大映生田スタジオ」だったということは、一般にはほぼ知られていない史実ではないだろうか。
況して実際に文字にされたものは非常に珍しく、少なくとも愚生にとっては、これが初見、且つ唯一である。

P00204
大映との賃貸契約書

これは、昨年12月に発見された、『女三四郎 風の巻』(書面では『女三四郎』)制作に伴い、大映(大映株式会社テレビ室)と交わされたスタジオ賃貸契約書。
ここで注目すべきは、その契約期間。
書面では、「昭和45年10月1日より昭和45年11月15日」と記されている。
前述したように、『女三四郎 風の巻』の初回放送日は1970年10月3日。
つまり、この日付をそのまま解釈すると、大映が「細山スタジオ」を使用し始めたのは、第1話放送開始二日前だったということになる。
結論を言うと、この釈然としない謎は今以って解けていない。
第2話、若しくは第3話ぐらいまでは別のスタジオで制作していたが、何らかの理由で継続使用が困難となってしまったのだろうか(例え制作話と放送話が異なっていても、説明はつかない)。
映像を見れば、何か解決の糸口が掴めるかもしれないが、『新婚さん旧婚さん』同様、当作品も、残念ながらDVDを始めパッケージ化はされていない(2017年1月現在)。


(主参考文献)
「TOWN MOOK 増刊 Super Visual4 仮面ライダー」(1981年/徳間書店)
「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1」(2004年/講談社)


Phase002 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。


当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。














Phase001 「細山スタジオ」①

『東映生田スタジオ』(別称、「東映生田撮影所」)とは、『仮面ライダー』(1971年/東映・毎日放送 NET系)制作を機に、東映株式会社(以下、東映)が、「細山スタジオ」との賃貸契約期間中、同スタジオに用いた名称である。
尚、関係者らが当時を述懐する際、「生田撮影所」、「生田スタジオ」、或いは単に「生田」と呼称する場合もある。

今回は、その「細山スタジオ」について―。

1969年6月、恰も谷あいのような場所にあった畑地に、𡈽方工作氏と箕輪正治氏(両氏が土地の所有者)がオーナーとなって設立した貸スタジオ、それが「細山スタジオ」である。
所在地は、神奈川県川崎市細山43(当時)、現在の川崎市麻生区多摩美2丁目にあたる(関連書籍の中に、当時の所在地を「川崎市多摩区細山」と記しているものもあるが、多摩区が発足したのは1972年)。
尚、これまで、設立時期について具体的に触れた関連書籍は殆どなく、「1960年代の中頃に建てられた」との記述が唯一。
しかし、これは厳密に言うと誤りである。
また、一部ネットには、元々は大映の設備だったように記されているものがあるが、そちらについても事実ではない。

「始めたのは、昭和44年の6月だった」(談/𡈽方工作氏)
この氏の証言を裏付けるのが、川崎市稲田消防署(現・川崎市多摩消防署)に提出された、「細山スタジオ」運営開始に伴う「防火対象物使用開始届出書」。

P00101 P00102
左)、右)共に「細山スタジオ」運営開始に伴う「防火対象物使用開始届出書」

書面に記載されている日付は、以下のとおり。
提出日:昭和44年5月29日
工事着手年月日:昭和44年4月19日
工事完了(予定)年月日:昭和44年5月31日
使用開始(予定)年月日:昭和44年6月4日

検査済印の日付は昭和44年6月5日で、ほぼ使用開始(予定)年月日どおり。
つまり、現段階では、残念ながら具体的日付の解明には至っていない(𡈽方氏も具体的な日付までは憶えていらっしゃらないとのこと)ものの、「細山スタジオ」の開設は1969年6月5日、若しくはそれから数日内だったと思われる。

因みに、𡈽方氏によると、よくある開設に伴う祝賀会・記念式典などは別段執り行っていないという。

P00103 P00104
左)、右)共に「細山スタジオ」開設時に作成された広告の青焼きコピー

上に掲載したのは、「細山スタジオ」開設時に作成された、入用者募集広告の青焼きコピー。そこには、以下の内容が記されている(原文まま。読売ランドは、正しくは読売ランド前)。
用   途  ニュース、コマーシャル、映画、モデル撮影等、各種
建   物  120坪以上 2棟
完全完備  水道、電気、電話、ガス、便所水洗式(電気及び電話代は別料金)
料   金  (1棟)1日5万 10日以上3万 1ヶ月50万 3ヶ月40万 
        1年以上の方は相談致します
新宿より小田急線 読売ランド下車 歩いて10分

「10日以上3万」という料金は、当然、十日以上使用した場合の一日当たりの金額で、「3ヶ月40万」というのも、三ヶ月以上使用した場合の一ヶ月当たりの金額と思われる。
また、電話は当初より設置されていたが、一般にはまだまだ普及の段階だったらしく、「臨時で設置したんだ。当時、一般家庭では二年も待たなければならなかった。だから、うんと高かった(笑)」と、𡈽方氏は述懐されている。
尚、問い合わせに関しては、「商起」という有限会社の名が記載されている。

ここで、このS社と「細山スタジオ」の関係について記したいと思う。

前述したように、スタジオ以前には畑地が広がっていたが、そこは恰も谷あいのような場所。
「冬場は夕方3時を過ぎれば、殆ど陽が当たらないんです」
箕輪正治氏のご子息・広実氏によると、両側に森林が迫る鬱蒼とした畑地では、実際、満足のいく収穫は望めなかったという。
このまま続けるべきか、𡈽方氏、箕輪氏は土地の再利用を模索。
そんなある日―。

P00105
右が𡈽方工作氏、左は箕輪正治氏のご子息・広実氏(2015年12月)

「スタジオを建設してみないか」
商起からの一言により状況は急転、運命の歯車が回り出す。
𡈽方氏によると、具体的なやり取りは既に憶えていないとのことだが、「撮影スタジオ建設」と「土地の再利用」、両者の思惑は見事に合致。
箕輪氏と相談した結果、件の地での畑作中断を決定、「細山スタジオ」開設に至ったという。

「メディ・あさお №176」(2016年/メディスタくらしの窓新聞社)において、𡈽方氏は、「もともとは私が映画会社の大映とつながりのある人から(以下、省略)」と仰っているが、この「大映とつながりのある人」が商起の関係者である。

では、そもそも何故、商起は𡈽方氏に商談を持ち掛けることが出来たのか?
両者の接点は―?
この点について、𡈽方氏のご子息・進一氏は次のように仰っている。
「中河原(編注:東京都府中市住吉町)に親戚が住んでいるのですが、以前、その敷地の一部にアパートを建設したんです。それを請け負ったのが、商起でした。大映テレビの中河原スタジオ(編注:後の府中多摩スタジオ―2008年取り壊し、現存せず)とは100㍍程の場所で、そこで何らかの切っ掛けがあり、話が進んでいったのでしょう」

『東映生田スタジオ』の原点、それは中河原にあったと言える。


(主参考文献)
○「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1」(2004年/講談社)
○「メディ・あさお №176」(2016年/メディスタくらしの窓新聞社)


Phase001 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。


当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。















プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR