Phase059 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/現・多摩美公園PartⅧ

【アングル北東→南西】

059001 S059001
左:『イナズマン』第13話より
右:2017年3月
059002 S059002
左:『イナズマン』第17話より
右:2017年3月
掲載した『イナズマン』の映画像は、何れも公園南西側を東側にある草むらから捉えたアングル。
第17話「謎の対決!ふたりの渡五郎!!」に写る藪笹は既に姿を消しているが、比較的当時の面影が残されている。

059003 S059004
左:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
右:2009年11月
059004 S059005
左:『仮面ライダーアマゾン』第18話より
右:2015年11月
どちらも公園北東側から南西側を捉えたアングル。
下の写真に写るのは、2013年に新たに新設された物置小屋。

【アングル南東→北西】

059005 059006
左:『仮面ライダー』第34話より
右:『仮面ライダー』第66話より
059007 059008
左:『超人バロム・1』第28話より
右:『仮面ライダーアマゾン』第5話より
S059006
上:2009年11月
それぞれカメラの設置場所は異なるが、何れも公園北西角を捉えたアングル。
掲載した写真は、茶色の柵が設置される以前のもの。

【北西角】

059014 S059011
左:『変身忍者 嵐』第4話OPより
右2015年11月
アングルは、公園東側から西側を捉えたもの。
『変身忍者 嵐』初期OPでも使用されているが、同アングルは、『仮面ライダーストロンガー』後半に撮影された、ジェネラルシャドウとデルザー改造魔人の特写が印象的かもしれない。

059009 S059007
左:『仮面ライダーストロンガー』第15話より
右:2015年11月
059010 S059008
左:『仮面ライダーストロンガー』第22話より
右:2015年11月
059012 S059009
左:『仮面ライダーストロンガー』第26話より
右:2015年11月
『仮面ライダーストロンガー』第2クールで多用された、公園北西角を捉えたアングル。
整備されたとは言え、往時の雰囲気は十分に感じることが出来る。

059015 059016
S059010
上左:『仮面ライダーストロンガー』第16話より
上右:『仮面ライダーストロンガー』第28話より
下:2015年9月
ライダーは、やはり煽りのロー・アングルがよく似合う。

【謎の建物】

059017 059018 059019
左:『超人バロム・1』第9話より
中:『仮面ライダー』第66話より
右:『イナズマン』第13話より
公園西側を捉えたアングル。
掲載した映画像には、共通して二階建てのコーポ然とした建物が写っている。
当時の航空写真を見てみると、おそらくは、現在、(株)奥村組の多摩美寮が建っている辺りと推察。
但し、当時の住宅地図を調べてみても、今一つはっきりとせず、また外観も既に異にしており、未だその正体は謎のままである。

【俯瞰アングル】

059021
上:『仮面ライダー』第30話より
S059017
上:2015年12月
059024
上:『仮面ライダーアマゾン』第22話より
S059014
上:2015年11月
公園南側にある階段付近からの俯瞰アングル。
『仮面ライダー』第30話「よみがえる化石吸血三葉虫」では、公園西側からのパン映像が確認出来る。

059022 059023
S059016
上2枚:『超人バロム・1』第28話より
下:2015年12月
『超人バロム・1』第28話の映画像は、クビゲルゲの断末魔カットで、大量の火薬とセメントが用いられた。
この映像は、『仮面ライダー』第98話「ゲルショッカー全滅!首領の最後!!」におけるゲルショッカーのアジトの爆破シーンなど、他作品の爆発シーンでもバンク・フィルムとして何度か使用された。



S059018
上:2015年12月
事件の開巻部、戦闘シーンなど、実に様々なシークエンスが撮影された〝原っぱ〟。
内田有作も、シロと一緒に散歩をしたのだろうか・・・。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第3話「私を食べないで」(1971/10/17放送)
『仮面ライダー』第30話「よみがえる化石 吸血三葉虫」(1971/10/23放送)
『仮面ライダー』第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」(1971/11/20放送)
『変身忍者 嵐』第4話「怪奇・卍!カマイタチ!!」(1972/4/28放送)
『超人バロム・1』第9話「冷血魔人クモゲルゲ」(1972/5/28放送)
『仮面ライダー』第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」(1972/7/1放送)
『超人バロム・1』第28話「魔人クビゲルゲが窓からのぞく!!」(1972/10/8放送)
『イナズマン』第13話「傷ついたイナズマン」(1973/12/25放送)
『イナズマン』第17話「謎の対決!ふたりの渡五郎!!」(1974/1/22放送)
『仮面ライダーアマゾン』第5話「地底からきた変なヤツ!!」(1974/11/16放送)
『仮面ライダーアマゾン』第18話「ゼロの恐怖!大地震作戦!!」(1975/2/15放送)
『仮面ライダーアマゾン』第22話「インカ人形 大東京全滅の日!?」(1975/3/15放送)
『仮面ライダーストロンガー』第15話「死を呼ぶ シャドウのトランプ!!」(1975/7/12放送)
『仮面ライダーストロンガー』第16話「吸血ブブンガー 悪魔のプレゼント!」(1975/7/19放送)
『仮面ライダーストロンガー』第22話「12時00分 ライダー死刑!?」(1975/8/30放送)
『仮面ライダーストロンガー』第26話「見た!! 大首領の正体!!」(1975/9/27放送)
『仮面ライダーストロンガー』第28話「あ!ストロンガーがこなごなに、、、、、?!」(1975/10/11放送)


Phase059 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase058 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/現・多摩美公園PartⅦ

【一本の大木】

「多摩美で「仮面ライダー」の撮影を行っていたのを知っていましたか。1970年代、今は、櫟(くぬぎ)という名前のお蕎麦屋さんのあるところに東映生田スタジオがあり、仮面ライダーの撮影が行われていました。本当に多摩美公園で仮面ライダーと怪人カマキリ男が闘っていたのです。」(原文まま)

これは、2009年12月に発行された「多摩美の自然の移り変わり 多摩美みどりの会活動記録」(多摩美みどりの会)のあとがきから抜粋したもの。
当冊子は、多摩美みどりの会の(会員諸氏に敬意を表さずにはいられない)活動記録、多摩美周辺で見られる山野草の記録などが記された素晴らしい一冊で、『多摩美公園』とその周辺を知る上では欠かせないバイブル的書物と言えよう。
機会があれば、是非ご覧頂きたいと思う。

S058001
上:「多摩美の自然の移り変わり 多摩美みどりの会活動記録」より(写①)
S058002
上:2007年12月
上に掲載した写真①は、前述冊子より転載したもので、1970年頃に撮影されたと云われている。
現在、遊具などが設置されている場所を含め、東側約1/4の部分にまで畑が広がっていたことが分かる。
現在とは勿論、『仮面ライダー』制作時と比べても、その違いは一目瞭然。

058002 S058005
左:『どっこい大作』第49話より(映①)
右:2016年4月
058003 S058006
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話より(映②)
右:2010年12月
同様に、公園北側から階段のある南側を捉えたアングルは、どっこい大作』第49話「君に何ができるか?」と『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話「黄色い空襲!アトランティスの悪夢」で確認することが出来る。

058001 S058004
左:『仮面ライダー』第34話より
右:2007年12月
前掲したモノクロ写真の右端に、〝く〟の字型に湾曲した一本の大木が写っている。
今ではその痕跡すら残っていないが、畑が姿を消した後も暫くは存在していたことが、掲載した『仮面ライダー』第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」の映画像を見るとよく分かる。

058004 058005
上2枚『仮面ライダー』第56話より
『仮面ライダー』第56話「アマゾンの毒蝶ギリーラ」では、この大木の前で大量のセメントを用いた大爆破が敢行されている。
当時、何故、この大木一本だけが存在していたかは定かでないが、火薬を用いていることから御神木でなかったことは確かである。

058007 S058007
左:『仮面ライダー』第66話より
右:2017年3月
現在、公園南側には、東側から西側にかけてアスファルト道が続く。

058006 S058010
左:『超人バロム・1』第9話より
右:2016年4月
『超人バロム・1』第9話「冷血魔人クモゲルゲ」で映し出された大木。

058013 058009
左:『超人バロム・1』第26話より
右:『超人バロム・1』第28話より
『超人バロム・1』第28話「魔人クビゲルゲが窓からのぞく!!」でも火薬が用いられている。

058010 058014
上2枚:『仮面ライダーV3』第25話より
『仮面ライダーV3』第25話「怪奇!! デストロンレインジャー部隊」では、デストロンのレインジャー部隊が訓練する近江山の一部として当公園が使用され、件の大木が映し出される(左上に住宅の映り込みがあり、アングルは北→南)。

058011 058012
左:『変身忍者 嵐』第4話より
右:『変身忍者 嵐』第32話より
058015 058016
上2枚:『変身忍者 嵐』第33話より
『東映生田スタジオ』から歩いて二、三分という利便性だけでなく、〝原っぱにある一本の大木〟は、時代劇という性格上、カット割りがし易かったためか、『変身忍者 嵐』でも多用された。
背景の一部ではなく、自然が用意してくれた大道具、恰好のオープン・セットだったと言えよう。
尚、この大木は、映画像②を見る限り、少なくとも『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話が制作された1975年・夏には既に伐採されていたことが分かる。
因みに、最後に確認出来るのは、現段階では、1973年10月2日から放送が開始された『イナズマン』の初期特写スチールである(映画像①では、映像上、切れているのか、本当に切られた後なのかが判断し難い)。


S058003
上:2017年3月
時を経て・・・。


(主参考文献)
「多摩美の自然の移り変わり 多摩美みどりの会活動記録」(2009年/多摩美みどりの会)


(映画像掲載作品)放映順
『仮面ライダー』第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」(1971/11/20放送)
『仮面ライダー』第56話「アマゾンの毒蝶ギリーラ」(1972/4/22放送)
『変身忍者 嵐』第4話「怪奇・卍!カマイタチ!!」(1972/4/28放送)
『超人バロム・1』第9話「冷血魔人クモゲルゲ」(1972/5/28放送)
『仮面ライダー』第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」(1972/7/1放送)
『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く」(1972/9/24放送)
『超人バロム・1』第28話「魔人クビゲルゲが窓からのぞく!!」(1972/10/8放送)
『変身忍者 嵐』第32話「妖怪三十一面相!!」(1972/11/10放送)
『変身忍者 嵐』第33話「ヒマラヤの死神!!」(1972/11/17放送)
『仮面ライダーV3』第25話「怪奇!! デストロンレインジャー部隊」(1973/8/4放送)
『どっこい大作』第49話「君に何ができるか?」(1973/12/17放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話「黄色い空襲!アトランティスの悪夢」(1975/9/13放送)


Phase058 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase057 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/現・多摩美公園PartⅥ

【南側階段周辺②】

057001 S057001
左:『仮面ライダー』第66話より
右:2010年4月
掲載した映画像は、『仮面ライダー』第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」で、ショッカーに追われる加藤(演/島映二)なる男の護衛に当たっていた滝(演/千葉治郎)が、毒トカゲ男とハリネズラスに殴打されたシーン。
その際、加藤が滝を庇うカットで、一瞬ではあるが、当時、階段前から『東映生田スタジオ』へと続いていた石畳が映し出される。

057003 S057002
左:『超人バロム・1』第15話より
右:2014年9月
『超人バロム・1』第15話「魔人ミノゲルゲが君の町をねらう!!」におけるミノゲルゲの断末魔。
アングルは、階段東側にある擁壁脇から南東入口方向を捉えたもので、その石畳が確認出来る。
やがて目の粗い石板状のものに改修、更には拡張された後、現在はアスファルト道に変貌を遂げている。
掲載した写真は、アスファルトの基礎工事期のもの。

057004 S057003
左:『仮面ライダーX』第13話より
右:2010年12月
『仮面ライダーX』第13話「ゴッドラダムスの大予言!」で、ユリシーズの攻撃から逃れる神敬介(演/速水亮)。
時期として、目の粗い石板状のものに改修され、まだ間もない頃と思われる。

057005 S057006
左:『仮面ライダー』第34話より(映①)
右:2010年4月
掲載した映画像は、『仮面ライダー』第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」において、過去にショッカー首領に遭ったことがあるという門前絹子(演/水上竜子)が、ガマギラーに襲われるカット。
アングルは、公園内から南東入口方面を捉えたもの(映画像右側に、階段がある)。

057012 057013
上2枚:『仮面ライダー』第34話予告編より(右は左のアップ)
因みに、当エピソードの予告編には、大野剣友会と思しき人物が二人、階段前に座っている(台本を読んでいるように見える)NGテイクが使用されている。
予告編は、本編には使用されていない映像ばかりか、明らかにNGと思われるものも少なくない。
これは、『仮面ライダー』に限った話ではなく、『東映生田スタジオ』作品では比較的多いように思われる(『変身忍者 嵐』は凄いの一語)。
何れ機会を設け、そうした貴重な映像の特集も組めたらと考えている。

057006 S057009
左:『仮面ライダー』第34話より
右:2010年4月
その門前絹子の救出に駆けつけた一文字隼人(演/佐々木剛)とユリ(演/沖わか子)のカット。
アングルは、南側の階段正面辺りから南東入口方面を捉えている。

057007 057008
S057010
上左:『仮面ライダー』第34話より
上右:『仮面ライダー』第66話より
下:2010年4月
遠近、左右、厳密には異なるが、掲載した映画像は、どちらも階段前から公園東側を捉えたアングル。
ここに写る街灯は、映画像①に写るものとは違い、一つ東側のものである。

057009 S057011
左:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
右:2012年7月
057010 S057012
左:『イナズマン』第13話より
右:2012年7月
この街灯は、『好き!すき!!魔女先生』第3話「私を食べないで」、『イナズマン』第13話「傷ついたイナズマン」でも確認出来るが、何れも公園中程から南東を捉えたアングル。

057011 S057013
左:『超人バロム・1』第26話より
右:2008年12月
『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く!!」における、〝松伯父〟こと、猛(演/飯塚仁樹)の伯父・木戸松五郎(演/砂川啓介)のトレーニング・シーンでは、俯瞰アングルで捉えられた階段が確認出来る。

057015 S057014
左:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
右:2008年12月
『好き!すき!!魔女先生』第3話で映し出された、階段西側を公園内から捉えたアングル。
擁壁上に建つ住宅は、既に改築されている。

057014 S057015
左:『仮面ライダーX』第13話より
右:2009年11月
階段西側にも大木が並び、『仮面ライダーX』第13話「ゴッドラダムスの大予言!」における、Xライダーとユリシーズとの戦闘シーンの一部で確認することが出来る。
後年、階段脇に、草刈り機やチェーンソーなど、公園、及び周辺の森林の整備に用いる道具が入った、数棟の物置小屋が設置されていたが、2013年の改修時にこちらも撤去、現在は、公園南西側に新たなものが置かれている。

057016 S057016
左:『仮面ライダーアマゾン』第1話より
右:2015年9月
『仮面ライダーアマゾン』第1話「人か野獣か?!密林から来た凄い奴!」開巻部、十面鬼ゴルゴスの反乱によって、バゴー(演/明石潮)の部族は壊滅する。
このロケ地が『多摩美公園』だということは容易に想像がつくが、映像では、演出上、手前に炎が焚かれているため、具体的な場所の特定は困難。
しかし、その際、講談社によって撮られた特写スチールによって、階段脇から公園西側を捉えたアングルだということが分かる。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第3話「私を食べないで」(1971/10/17放送)
『仮面ライダー』第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」(1971/11/20放送)
『仮面ライダー』第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」(1972/7/1放送)
『超人バロム・1』第15話「魔人ミノゲルゲが君の町をねらう!!」(1972/7/9放送)
『超人バロム・1』第26話「魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く!!」(1972/9/24放送)
『イナズマン』第13話「傷ついたイナズマン」(1973/12/25放送)
『仮面ライダーX』第13話「ゴッドラダムスの大予言!」(1974/5/11放送)
『仮面ライダーアマゾン』第1話「人か野獣か?!密林から来た凄い奴!」(1974/10/19放送)


Phase057 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase056 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/現・多摩美公園PartⅤ

056014
上:『超人バロム・1』第9話より
S056029
上:2009年11月
『多摩美公園』南側には、多摩美2丁目の住宅街へと続くちょっとした階段が設けられている。
今回は、この階段周辺を取り上げたいと思う。
掲載した映画像は、『超人バロム・1』第9話「冷血魔人クモゲルゲ」で、クモゲルゲが一般市民を次々とドルゲ洞に拉致するシーンの一部。

【南側階段周辺①】

056001 S056002
左:『仮面ライダー』第34話より
右:2007年12月
056002 S056005
左:『仮面ライダー』第66話より
右:2009年11月
『仮面ライダー』では、第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」と第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」の2エピソードで使用され、何れも、滝(演/千葉治郎)が駆け下りている。
第66話は、公園内に俯瞰台を置いての撮影。

056003 056004
S056006
上2枚:『仮面ライダー』第66話より
下:2007年12月
『仮面ライダー』制作当時、この階段の上部、つまり『多摩美公園』の南側には、既に多くの住宅が建っていた。
あれから半世紀近くが経ち、往時と比べると、ステップ幅の拡張、手摺りの設置、更には階段下部のスロープと、バリアフリーが意図されたことは明らかである。
植え込みだった部分(第34話で草が生えている部分、第66話では土の部分)はコンクリートに覆われ、側溝も含めて三方がフェンスで囲まれている。

056010 S056023
左:『超神ビビューン』第26話より
右:2010年9月
但し、『超神ビビューン』第26話制作時には、ステップ幅は拡張されていないものの、手摺りは設置されていたことが分かる(現在のものとは異なる)。

S056011 S056012 S056007
S056013 S056008 S056014
上左:2004年4月
上中:2008年12月
上右:2009年11月
下左:2013年12月
下中:2014年9月
下右:2016年4月
ここ数年、階段下部は、常に微妙な変化を遂げてきたが、ようやく落ち着いたようである。

S056015 S056016
上2枚:2015年11月
階段上部の様子。
車の進入、或いは転落防止のために設置されたと思われる二本の支柱は、赤色に再塗装されているが、絶妙な屈曲具合は往時のまま。
またよく見ると、支柱の一部が剥げ落ち、当時のものと思われる白色の塗料が浮き彫りに。
その用途とは無関係に、『仮面ライダー』制作当時を示すモニュメントとして、いつまでも残して欲しいものである。

056005 056006
S056018
上2枚:『仮面ライダーX』第13話より
下:2008年12月
掲載した映画像は、『仮面ライダーX』第13話「ゴッドラダムスの大予言!」で、ユリシーズとの再戦に挑む神敬介(演/速水亮)。
当時、階段西側の側溝が露出しており、非常に危険だったことが分かる。

056011 S056024
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話より
右:2010年12月
『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話「黄色い空襲!アトランティスの悪夢」で映し出された階段前。
往時のステップ幅との違いがよく分かる。

056007 056008
左:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
右:『超人バロム・1』第29話より
056009 S056022
左:『仮面ライダーX』第13話より
右:2015年11月
映像での初出は、『好き!すき!!魔女先生』第3話「私を食べないで」。
林田ツトム(演/梅沢雅康)が、昆虫を餌にする花を持っていることを、竜村正夫(演/藤江善幸)に自慢するカット。
尚、各映画像に写る、斜めに設置された黒い柵は、階段上の住宅に現存する。

056012 S056025
左:『超人バロム・1』第9話より
右:2010年4月
056013 S056027
左:『超人バロム・1』第9話より
右:2010年9月
S056028
上:2015年9月
掲載した映画像は、『超人バロム・1』第9話「冷血魔人クモゲルゲ」において、絵画教室を開く菊村タツヤ(演/杉浦真三雄)がドルゲに拉致されるシーン。
アングルは、公園南東入口脇から階段方向を捉えたもの・・・。

056015 S056030
左:『超人バロム・1』第9話より
右:2010年4月
056016 S056031
左:『超人バロム・1』第9話より
右:2011年6月
同じく『超人バロム・1』第9話において、菊村タツヤがドルゲのアントマンに拉致されるシーン。
アングルは、公園東側から階段方向を捉えたもの。

056017 S056032
左:『超人バロム・1』第9話より
右:2010年4月
その菊村タツヤが地中のドルゲ洞へ拉致される現場を目撃した教え子のマツミ(演/吉野比弓)。
彼女がその現場で座り込んだのは公園東側で、アングルは南側を捉えている。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第3話「私を食べないで」(1971/10/17放送)
『仮面ライダー』第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」(1971/11/20放送)
『超人バロム・1』第9話「冷血魔人クモゲルゲ」(1972/5/28放送)
『仮面ライダー』第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」(1972/7/1放送)
『超人バロム・1』第29話「魔人ウロコルゲがドルゲ菌をバラまく!!」(1972/10/15放送)
『仮面ライダーX』第13話「ゴッドラダムスの大予言!」(1974/5/11放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第22話「黄色い空襲!アトランティスの悪夢」(1975/9/13放送)
『超神ビビューン』第26話「妖怪城に地獄が?! 見たぞガルバーの正体」(1977/1/11放送)


Phase056 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase055 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/現・多摩美公園PartⅣ

今回は、現『多摩美公園』の東側取り上げたいと思う。

【東側】

055017 S055001
左:『仮面ライダー』第5話より
右:2015年5月
現・『多摩美公園』初出となった『仮面ライダー』第5話「怪人かまきり男」における戦闘シーンでは、カット、アングルが目まぐるしく切り換わる。
掲載した映画像は、公園北東側入り口より僅かに南側を捉えたアングル。

055002 S055002
左:『仮面ライダー』第31話より
右:2015年11月
掲載した映画像は、『仮面ライダー』第31話「死斗!ありくい魔人アルガバリ」で、井崎(演/大下哲也)を襲ったアリガバリのカット。
上掲した第5話の映画像より、更にカメラを南に向けたアングル。

055003 S055003
左:『イナズマン』第13話より
右:2010年12月
『イナズマン』第13話「傷ついたイナズマン」で、アブラバンバラと対峙する渡五郎(演/伴直弥)。
現在、ジャングルジムが設置されている方向を捉えたアングルで撮影された。

【東映生田スタジオ 第1ステージ&第3ステージ】

055004 055008
左:『仮面ライダー』第5話より
右:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
055005 055007
左:『仮面ライダー』第43話より
右:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
S055006
上:2015年11月
掲載した映画像は、何れも公園東側を捉えたアングルで、背後に写る灰色の建物は『東映生田スタジオ』の第1ステージ。
その最北部に位置していたのは、最終的には第3ステージだが、この時期には未だ存在していなかった。

055009 055010
左:『仮面ライダーX』第13話より
右:『アクマイザー3』第24話より
同じく公園東側を捉えたアングルだが、こちらに写る建物は、後に増設されたその第3ステージである。

【旧「読売ジャイアンツ寮」方面】

055011 055012
左:『仮面ライダー』第5話より
右:『仮面ライダー』第66話より
掲載した映画像には、共通して丘陵の上に聳え建つ白い建物が確認出来る。
これは、「読売巨人軍」(当時、「東京読売巨人軍」)の施設「読売ジャイアンツ寮」の改修前の姿。

055015 055014
055016
上左:『好き!すき!!魔女先生』第3話より
上右:『仮面ライダーアマゾン』第7話より
下:『イナズマン』第12話予告編より
当施設は、他の『東映生田スタジオ』作品にも映し出されている。
掲載した『イナズマン』第12話「母の仇バンバ対イナズマン」予告編における、アクマバンバラと対峙するイナズマンのカットは、本編ではオミットされた。

S055007
上:『国土交通省・航空写真』(1974年)より
住所は、多摩区菅仙谷3丁目にあたる。
掲載した国土交通省による航空写真(1974年)を見ると、『多摩美公園』との位置関係がよく分かる(青い屋根の建物は、『東映生田スタジオ』の第3ステージ)。
因みに、当時、寮生活を送っていたジャイアンツの選手の中には、門限ギリギリになった際、近道にと『東映生田スタジオ』の中を通り抜けていく者も少なくなかったという。

img045
上:6連カード(天田印刷加工)
S005009
上:2015年11月
当時、天田印刷加工(株)から販売されていた、『変身忍者 嵐』の所謂6連カードには、旧「読売ジャイアンツ寮」と『東映生田スタジオ』の第1ステージが共に写っている特写スチールが用いられている。

(編集後記)
今回、敢えて掲載を見送った対比写真が実に多い。
掲載用の写真を選定してみると、秋~冬に撮影したものが殆んど無く、一面緑のモノばかり。
少なくとも半年待って、もう一度、撮影に赴き次第、Phase055は改稿したいと考えている。
ご容赦願いたい。


(映画像掲載作品)放映順
『仮面ライダー』第5話「怪人かまきり男」(1971/5/1放送)
『好き!すき!!魔女先生』第3話「私を食べないで」(1971/10/17放送)
『仮面ライダー』第31話「死斗!ありくい魔人アルガバリ」(1971/10/30放送)
『仮面ライダー』第43話「怪鳥人プラノドンの襲撃」(1972/1/22放送)
『仮面ライダー』第66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」(1972/7/1放送)
『イナズマン』第12話「母の仇バンバ対イナズマン」予告編(第11話「バラバンバラはイナズマンの母」1973/12/18放送)
『イナズマン』第13話「傷ついたイナズマン」(1973/12/25放送)
『仮面ライダーX』第13話「ゴッドラダムスの大予言!」(1974/5/11放送)
『仮面ライダーアマゾン』第7話「とける!とける!恐怖のヘビ獣人!?」(1974/11/30放送)
『アクマイザー3』第24話「なぜだ?! 親馬鹿ノッペラー」(1976/3/16放送)


Phase055 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR