Phase042 【ロケ地】川崎市麻生区細山/細山界隈PartⅢ

(編集前記)
Phase040で取り上げました、『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」で、「平山眼科」として使用された個人邸宅につきまして、複数の方から、プロデューサー・平山亨氏(故人)の邸宅が使用されたのか?といった旨のご質問を受けました。
過去に作成されたある同人誌にそのような記載があったとのことで・・・。
愚生がお答えするのも何か変な話ですが、敢えて申し上げますと、事実ではないようです。
当時の住宅地図も調べましたが、全く別のお方がお住いでした。
同人誌に記載された方が、何か確証をお持ちでしたら、話は別ですが・・・。
個人的には、違うと思います。
ご報告まで。

今回は、『細山界隈』の二箇所を取り上げたいと思います。


041001 S041014
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
日本航空機研究所の葉山博士(演/田畑孝)とそのグループは、超音速旅客機・アスカ号の設計図を完成させた。
掲載した映画像は、『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」に登場するその葉山邸。
当住宅は、数年前まで細山某所に現存していたが、「平山眼科」として使用された邸宅同様、残念ながら既に解体されて久しい。
外壁は白色に再塗装されてはいたが、見事なまでに往時の佇まいを留めていた。

041002 S041002
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
掲載した映画像は、アスカ号の設計図奪取を企み、バドーと手を組んだ小田物産株式会社の経営者・小田(演/北真知史郎)の襲撃を警戒する芝刑事(演/高品格)、新條刑事(演/千葉治郎)ら。

041003 S041004
左::『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
葉山邸の前に停車するロボット刑事Kの愛車・ジョーカー。
道路に面したブロック塀は、既に改修されていた。

041004 S041010
左::『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
新條刑事らが立っていた門柱脇。

041005 S041009
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
隣の邸宅前の様子。
木々の成長が、時の流れを忠実に物語っている。

041006 S041008
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
葉山邸の様子を探る情報屋・地獄耳平(演/三上左京)。

041007 S041012
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
掲載したのは、その地獄耳平が隠れていた、葉山邸北西に設けられた擁壁中程の階段。
現在も、この近くには同様の階段が存在するが、大谷石の凹凸が明らかに異なり、撮影に使われたのは、今は立派な住宅が建つ門部分だと思われる。

041008 S041013
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2010年9月
041009 S041015
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2017年5月
葉山博士を狙い、突如現れた小田とその部下(演/鹿島信哉)。

S041016 S041032
上2枚:2010年9月
数年前までは、残っていたのだが・・・。

041010 S041017
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2010年9月
襲撃後、小田らが逃走した、葉山邸前から東側へ延びる道路。
この段階では現存していた三角屋根の住宅も、残念ながら今は姿を消している。


041011 S041018
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2010年9月
ドルゲ魔人キバゲルゲは、大野オサム(演/沢村正一)ら子供達を牙人間にして美しい物を次々と破壊しようと企む。
オサムの様子に疑惑を抱いた猛(演/飯塚仁樹)と健太郎(演/高野治幸)は、彼の実家へと向かった。
掲載した映画像は、そんな猛らに対し、クラスメイトのカオル(演/斎藤浩子)がオサムの潔白を訴えるシーン。
『超人バロム・1』第27話「魔人キバゲルゲが赤いバラに狂う!!」で、大野オサムの実家として使用された個人邸宅は、今も細山某所に現存する。

041013 S041020
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
オサムの家へと向かう猛と健太郎。

041014 S041022
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
件の邸宅南東側は階段となっており、手摺りは既に改修されている。

041015 S041023
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
キバゲルゲの攻撃を受けるバロム・1.
色だけでなく、転落防止の支柱そのものも改修されている。

041016 S041026
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
階段西側の洒落たフェンスも健在。

041017 041018
S041029
上2枚:『超人バロム・1』第27話より
下:2010年9月
キバゲルゲと対峙するバロム・1
往時の雰囲気がほぼそのままに残されているのが分かるアングル。

041019 S041031
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
当時、階段下は、未だ砂利道だったことが分かる。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第27話「魔人キバゲルゲが赤いバラに狂う!!」(1972/10/1放送)
『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」(1973/5/31放送)


Phase042 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase040 【ロケ地】川崎市麻生区細山/細山界隈PartⅡ


040001 S040001
左:『超人バロム・1』第22話より
右:2009年11月
木戸猛(演/飯塚仁樹)の叔父・木戸松五郎(演/砂川啓介)は、就職浪人中でアルバイト生活を送っている。
今回はのアルバイトは、タクシーの運転手(!?)で、よく見ると、小田急!
場所は、『西生田遊園地』脇のT字路。

040003 040006
左:『ロボット刑事』第4話より
右:『ロボット刑事』第9話より
040007 040008
上2枚:『どっこい大作』第18話より
040009 040010
上2枚:『イナズマン』第3話より
S040002
上:2010年9月
掲載した映画像は、何れも『西生田遊園地』南東に建っていた個人邸宅(Phase039概略図のA)。
角度のある煙突、金色の格子門、デザイン性に優れた二棟の邸宅など、非常に特徴があったが、残念ながら現存せず。
現在は、「Share Place Yomiuri-Land」という集合住宅に姿を変えている。
『どっこい大作』第18話「自分が敵だ!!」では、昌夫(演/住田知仁)の自宅として、『イナズマン』第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」では、藤波博士(演/加藤和夫)邸として使用された。
尚、住田知仁とは、風間杜夫の旧芸名である。

040011 S040006
左:『ロボット刑事』第9話より
上:2009年11月
宅地化当初の擁壁は、ほぼ残されていない。

040012 S040012
左:『どっこい大作』第14話より
右:2016年9月
こちらは、坂道中程からの俯瞰アングル。
突き当りが、『西生田遊園地』となる。

040013 S040013
左:『どっこい大作』第14話より
右:2009年11月
坂道頂上付近を走る大作(演/金子吉延)。

040014 S040010
左:『超人バロム・1』第22話より
右:2009年11月
『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」で、「平山眼科」として使用された個人邸宅。
前掲した映画像で、ここに写る門柱が、大作の左側に確認することが出来る。

040015 040016
左:『超人バロム・1』第22話より
右:『イナズマン』第11話より
040017 040018
左:『仮面ライダーX』第21話より
右:『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話より
S040011
上:2009年11月
『超人バロム・1』第22話以外にも、他の『東映生田スタジオ』作品で繁用された個人邸宅。
何れも共通して博士の邸宅として使用されているのが興味深い。
『イナズマン』第11話「バラバンバラはイナズマンの母」では、バラバンバラに襲撃を受けた石川博士(演/細川俊夫)邸として、『仮面ライダーX』第21話「アポロガイスト 最後の総攻撃!!」では、アポロガイストを再生手術した宮本博士(演/灰地順)邸として、また『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話「青い地球!死の砂漠化計画」では、あらゆる物体を砂に変えてしまう物質変転光線サンドビーム砲を開発した工藤博士(演/山本廉)邸として使用された。

040019 S040014
左:『超人バロム・1』第22話より
右:2009年11月
特徴的な屋根、門柱を有していた個人邸宅だったが、数年前に解体され、既に現存しない。

040020 S040015
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話より
右:2009年11月
件の邸宅の東側を捉えたアングル。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」(1972/8/27放送)
『どっこい大作』第14話「すごい奴がまっていた!!」(1973/4/9放送)
『ロボット刑事』第4話「壁に消えた殺人者」(1973/4/26放送)
『どっこい大作』第18話「自分が敵だ!!」(1973/5/14放送)
『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」(1973/5/31放送)
『イナズマン』第3話「黒い死を呼ぶファントム地獄!」(1973/10/16放送)
『イナズマン』第11話「バラバンバラはイナズマンの母」(1973/12/11放送)
『仮面ライダーX』第21話「アポロガイスト最後の総攻撃!!」(1974/7/6放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話「青い地球!死の砂漠化計画」(1975/4/12放送)


Phase040 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase039 【ロケ地】川崎市麻生区細山/細山界隈PartⅠ

(編集前記)
『多摩美界隈』については、まだまだ考証しきれていませんが、今回は、同じ麻生区にある『細山界隈』を取り上げてみたいと思います。


039001 S039009
左:『超人バロム・1』第22話より
右:2009年11月
『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」で使用された、「細山東公園」へと続く坂道。

039002 S039006
左:『ロボット刑事』第4話より
右:2009年11月
細山交番前から延びるこの坂道は、『東映生田スタジオ』作品の中では、第4話「壁に消えた殺人者」を始め、『ロボット刑事』での使用が目立つ。
東側に設けられた特徴的な擁壁は、連続性が一部途切れた箇所もあるが、今も健在。

039005 S039010
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
掲載した映画像は、現在の「細山東公園」から坂道を捉えたアングル。
『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」では、葉山リョウイチ(演/矢崎知紀)の担任の先生(演/本田圭子)が坂道を歩くカットが撮影された。
この直後、先生はコシカケマンに襲われる。
尚、当時、「細山東公園」は、『西生田遊園地』と呼称されていた。

039003 S039007
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
それが、このシーン。
実際は、葉山博士(演/田畑孝)の息子・リョウイチを誘拐するためのカモフラージュであった・・・。
高石方面の景観が随分と異なることが分かる。

039004 S039008
左:『どっこい大作』第14話より
右:2009年11月
上掲した映画像から少し引いたアングル。

039006 S039011
左:『ロボット刑事』第17話より
右:2009年11月
『ロボット刑事』第17話「魔の泡に消されるな?!」では、芝大造(演/高品格)の長女・奈美(演/紅景子)が、モグルマンによる幼児、並びに幼稚園バス溶解現場を目撃するシーンが撮影された。
奈美が足を止めたのは、ガードレールと『西生田遊園地』の境界辺り。

039007 S039013
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話より
右:2009年11月
『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話「青い地球!死の砂漠化計画」においては、大岩大太(演/畠山麦)と明日香健二(演/伊藤幸雄)の追跡シーンが描かれた。
坂下に見えるのは、「新弘堂薬局」(現存せず)。

039008 S039014
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
坂下からのアングルで撮影された、コシカケマンを追うロボット刑事K。

039009 S039015
左:『どっこい大作』第14話より
右:2009年11月
「清潔社」の一員として認めてもらえるよう、清掃に奔り回る大作。
背後に見えるのが、『西生田遊園地』。

S039017
左:国土交通省・航空写真(1974年)より
右:左の概略図
以下、この航空写真と概略図を参照して頂きたいと思う。

039010 S039018
左:『超人バロム・1』第22話より
右:2009年11月
『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」における、猛(演/飯塚仁樹)と健太郎(演/高野浩幸)の下校風景。
ガードレールの奥に見えるのが、『西生田遊園地』。
アングルは、概略図の①。

039011 S039021
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
『ロボット刑事』第9話で、リョウイチの担任の先生を救出したK。
アングルは、概略図の②。
往時と比べると、ジャングルジムがカラフルに再塗装されており、公園横のガードレールは撤去され、フェンスに換えられている。

039012 S039023
左:『ロボット刑事』第17話より
右:2009年11月
『ロボット刑事』第17話で、幼稚園バスを溶解泡で襲撃するモグルマン。
アングルは、前掲映画像とは逆で、『西生田遊園地』内から見た概略図の③。

039013 S039024
左:『ロボット刑事』第17話より
右:2009年11月
『ロボット刑事』第17話で映し出された園内の遊具は、ほぼ往時のまま。
但し、少子化の影響か、砂場は随分と使われていないようである。

039014 039015
S039026
上2枚:『ロボット刑事』第17話より
下:2009年11月
高品格も立った『西生田遊園地』。
新條刑事(演/千葉治郎)らの背後に見える石垣が現存している。

039016 S039027
左:『どっこい大作』第14話より
右:2009年11月
『西生田遊園地』横を走る大作を、坂下から捉えたアングル。
この映画像で、大作の左に見える擁壁横を走るのが・・・。

039017 039018
S039029
上2枚:『超人バロム・1』第22話より
下:2010年9月
マッハロッドに乗るバロム・1。


(編集後記)
今回、『細山界隈』を取り上げましたのは、単なる気まぐれです。
掲載するエリアがあまり分散しないようには心掛けますが、今後も場所や順番に拘らず、考証していきたいと思います(まずは麻生区を出ないように致しますが)。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」(1972/8/27放送)
『どっこい大作』第14話「すごい奴がまっていた!!」(1973/4/9放送)
『ロボット刑事』第4話「壁に消えた殺人者」(1973/4/26放送)
『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」(1973/5/31放送)
『ロボット刑事』第17話「魔の泡に消されるな?!」(1973/7/26放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第2話「青い地球!死の砂漠化計画」(1975/4/12放送)


Phase039 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR