Phase139 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/弘法松Ⅶ

今回は、公園南西角のフラット部分で撮影されたシーン、およびカットを中心に考証を行いたいと思う。
まずは、『仮面ライダー』第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」における該当シーンを見てみたい。

139001 S139002
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2018年2月
『仮面ライダー』第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」において、ゲルショッカー戦闘員と戦うライダー1号。
フラット部分から広場へ向けて、煽りのアングルで撮影されている。
掲載した映画像に写る黒松は、第二世代として、1962年に川崎市が植樹した三本のうちの二本と思われる。

139002 S139004
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2018年2月
直後、ライダー1号と対峙するネコヤモリ。
掲載した写真に写る松の木は、往時のものではない。

139003 S139005
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2009年8月
そのネコヤモリと対峙するライダー1号のカット。
こちらはPhase112にも掲載したが、背後に写る手摺りは残念ながら現存しない。

139004 S139006
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2008年12月
飛び掛かるネコヤモリを受け止めるライダー1号。
厳密に言うと、こちらはフラット部分ではなく、広場での撮影。
背後に見えるのは、「日本道路公団百合ヶ丘職員住宅」の1号棟から3号棟(現存せず。跡地には「百合ヶ丘住宅」が建っている)。

139005 S139008
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2008年12月
一連のシーンで、上掲映画像から僅かに東を捉えたアングル。
赤色に改修されているが、中程左端にある灰色の屋根の邸宅が現存している。
遠方に見える鉄塔は、柿生線№20。
尚、上掲した映画像と同様な『弘法松』からの眺望については、別途、考察を実施したいと思う。

139006 S139009
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2016年5月
139007 S139010
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2016年5月
139008 S139011
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2018年4月
139009 S139012
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2018年4月
そして、広場、および弘法松周辺での戦闘シーンを経て、フラット部分とを結ぶ斜面でのカットとなる。

同所の使用は、他の『東映生田スタジオ』作品でも多数認められ、今回は、この斜面を含め、広場に向けた煽りアングルを中心に考察を試みたいと思う。

139010 S139014
左:『好き!すき!!魔女先生』第19話より
右:2009年8月
掲載した映画像は、『好き!すき!!魔女先生』第19話「怪奇! 黒魔術の恐怖」において、月先生(演/菊容子)がバルと子供たちを助けにいくため、アンドロ仮面に変身するカット。
言うまでもなく、右に写るのは弘法松の根株。

139022 S139032
左:『好き!すき!!魔女先生』第20話より
右:2016年5月
『好き!すき!!魔女先生』第20話「恐怖の暗闇魔人」では、フラット部分から東へ延びる路地が映し出された。
掲載した映画像は、東西学園に通う子供たちの下校シーン。

139011 S139015
左:『好き!すき!!魔女先生』第22話より
右:2014年9月
139012 S139017
左:『好き!すき!!魔女先生』第22話より
右:2016年5月
『好き!すき!!魔女先生』第22話「恐怖! ホラ穴の悪魔」のラスト・シーン。
この斜面には、フラット部分と広場を繋ぐ木製の階段が設けられている。
背後に写る集合住宅は「日本ヒューム管(株)百合ヶ丘社宅」(当時)で、建物は現存しているが、こちらについては、別途、『弘法松』周辺道路の考証の際に取り上げたいと思う。

139015 S139024
左:『イナズマン』第4話より
右:2016年5月
『イナズマン』第4話「日本列島大爆発!!」では、ファントム軍団による日本爆破作戦を象徴するシーンの一部に使用された。
掲載した映画像は、富士山が爆発したのを目の当たりにし、慄く一般市民(演/中村文弥ほか)。

139013 S139019
左:『どっこい大作』第60話より
右:2016年5月
篠田勘兵衛(演/加藤嘉)から授かったパンの秘伝。
掲載した映画像は、『どっこい大作』第60話「これがおれのパンだ!!」で、秘伝に書かれていた〝味 即 是 舌〟の意味をようやく悟った大作(演/金子吉延)が「どっこい!どっこい!」と気合いを入れ直すカット。
背後に写るのは、前述「日本ヒューム管(株)百合ヶ丘社宅」の屋上に設置されていた給水タンク。

139014 S139022
左:『イナズマンF』第14話より
右:2018年5月
破傷風を患い、死の淵をさ迷うコウジ(演/西川和幸)。
彼のもとへ血清を届けに来るはずのイナズマン・・・が、なかなか現れない。
掲載した映画像は、『イナズマンF』第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」で、コウジが夢見たイナズマンに抱えあげられるカット。

139016 S139025
左:『イナズマンF』第14話より
右:2018年5月
「イナズマン!早く来てくれ!」
同エピソードで、心配になった兄のコウイチ(演/佐瀬陽一)が外へ様子を見に来たカット。
草むらの合い間をよく見ると、弘法松の根株に掲げられていた札があり、当カットは、フラット部分から公園西側に続く通路より撮影されたことが分かる。

139017 S139026
左:『仮面ライダーアマゾン』第8話より
右:2018年3月
まさひこ(演/松田洋治)が通う学校に巨大なワニが出現。
掲載した映画像は、『仮面ライダーアマゾン』第8話「学校を襲ったワニ獣人!!」で、ゲドンの仕業と睨んだ彼が、アマゾン(演/岡崎徹)を探すシーン。

139023 S139033
左:『仮面ライダーアマゾン』第9話より
右:2016年5月
「日本の冬は寒いのよ。これ、私たちからのプレゼント」
アマゾンが、りつ子(演/松岡まりこ)からベストを手渡される、『仮面ライダーアマゾン』第9話「ゆけアマゾン!カニ獣人の島へ!」のラスト・シーン。

139018 S139027
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第10話より
右:2016年5月
『秘密戦隊ゴレンジャー』第10話「赤い風船!風速100メートル」における大団円。

139021 S139031
左:『アクマイザー3』第11話より
右:2008年12月
「イビル、お面取ったのね、ステキよ」
「そうだろ、女の子によく言われるんだ」
「嘘つき、声が全然違う!」
『アクマイザー3』第11話「なぜだ?! 子連れイビル」で、イビルと共に戦ったトシコ(演/星場美枝子)が、一平(演/千葉治郎)と会話をするラスト・シーン。

ベンチについて―。
当時と今を比較すると、リフォームされているだけでなく、位置や数も異なり、更には『東映生田スタジオ』が存在した期間中にも部分的に改修工事が行われており、全貌を紐解くのは非常に難しい。
が、Phase134にも記載したように、改めて考証を試みる次第である。
因みに、『弘法松』がロケ地として使用された某特撮作品(1980年代 他社作品)について、現在、南側最東端にあるベンチが当時のまま残されている旨、記載されているwebページがあるが、脚の形状、幅が異なり、残念ながら事実ではない。

139020 S139030
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2016年5月
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」で、バックダードと対峙するビビューン。

139019 S139028
左:『透明ドリちゃん』第5話より
右:2014年9月
ジョギング中、疲れ果てた大介(演/安藤一人)の祖母・菊子(演/曽我町子)。
ドリちゃん(演/柿崎澄子)のパパ(演/佐藤允)は、優しく手を差し伸べ彼女をおぶる。
「嫌ですね、こんなこと」と言いつつ、菊子の顔には満面の笑み・・・。
掲載した映画像は、『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」のラスト・シーンで、そんな様子を微笑ましく見つめるドリちゃんら。


・・・という訳で、『東映生田スタジオ』作品で汎用された南西角のフラット部分。
ラスト・シーンに多用された印象が強い。


S139034
上:2016年8月
間もなく、『弘法松』にもこの季節がやって来る・・・。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第19話「怪奇! 黒魔術の恐怖」(1972/2/6放送)
『好き!すき!!魔女先生』第20話「恐怖の暗闇魔人」(1972/2/13放送)
『好き!すき!!魔女先生』第22話「恐怖! ホラ穴の悪魔」(1972/2/27放送)
『仮面ライダー』第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」(1972/12/2放送)
『イナズマン』第4話「日本列島大爆発!!」(1973/10/23放送)
『どっこい大作』第60話「これがおれのパンだ!!」(1974/3/11放送)
『イナズマンF』第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」(1974/7/23放送)
『仮面ライダーアマゾン』第8話「学校を襲ったワニ獣人!!」(1974/12/7放送)
『仮面ライダーアマゾン』第9話「ゆけアマゾン!カニ獣人の島へ!」(1974/12/14放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第10話「赤い風船!風速100メートル」(1975/6/14放送)
『アクマイザー3』第11話「なぜだ?! 子連れイビル」(1975/12/16放送)
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」(1976/9/14放送)
『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」(1978/2/4放送)


Phase139 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase136 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/弘法松Ⅵ

いつものことながら、掲載する作品、エピソードの放映日、および写真の撮影年月が前後する点はご容赦願いたい。

S135013
上:「国土交通省 航空写真」(1975年)より(改)
が、かつて弘法松が聳え立っていた辺り。

135006 S135007
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2018年2月
弘法松根株登場エピソード回数で言えば、『好き!すき!!魔女先生』が5回と最も多い(OP含まず。『弘法松』使用回数は7回)。
しかし、弘法松の根株と言えば、真っ先に『仮面ライダー』第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」におけるライダー1号とネコヤモリとの戦闘シーンを思い浮かべる方も多いのではないだろうか。

135007 135008
S135009
上2枚:『仮面ライダー』第88話より(右:映①)
下:2018年2月
掲載した映画像に写る黒松は、第二世代として、1962年に川崎市が植樹した三本のうちの一本と思われる。
尚、1988年に設置された石碑の周りには、鎖で繋がれた杭が打たれている。
当時の根株の範囲は、おおよそその周囲に該当したという。
今回は、弘法松を含め西側を捉えたアングル、つまり映画像①を中心に考証を進めたいと思う。

135009 S135011
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2018年2月
掲載した映画像に写る木をバックに撮影されたのが・・・。

135001 135002
S135002
上2枚:『仮面ライダー』第88話より
下:2016年5月
上掲一連の直前、ゲルショッカー戦闘員の攻撃を受けるライダー1号のシーン。
手前に写る大木は、後に植樹されたものである(但し、具体的時期は不明)。

135003 S135003
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2016年5月
遠方に見える鉄塔は、柿生線№19。
これら一連の撮影ポイントから少し引いたものが・・・。

135004 S135015
左:『好き!すき!!魔女先生』第13話より
右:2016年8月
135005 S135014
左:『好き!すき!!魔女先生』第22話より
右:2018年2月
これら『好き!すき!!魔女先生』で使用されたカットとなる。
第13話「アンドロメダの恋人たち」では、突然の雷鳴に慄くバル(声/牟田悌三)の姿が描かれた。
ここで、掲載した映画像にもそれぞれ写る柿生線№19に着目すると・・・。

135010 S135016
左:『仮面ライダー』第88話より
右:2009年8月
前掲『仮面ライダー』第88話の一連では、桜ヶ丘線№79甲と共に記録されている。

再び、映画像①のアングルに着目したい。

134002 S143009
左:『好き!すき!!魔女先生』第22話より
右:2009年8月
「こないだ(劇中)の問題、明日までにやってこないと、全員、廊下に立たせまーす!」
『好き!すき!!魔女先生』第22話「恐怖! ホラ穴の悪魔」ラスト・シーンでは、根株の上に立ち、教え子たちに忠告する月ひかる(演/菊容子)の姿が描かれた。

135034 S135045
左:『ロボット刑事』第18話より
右:2016年8月
『仮面ライダー』第88話と同じく戦闘シーンが撮影された『ロボット刑事』第18話「バドーの冷凍作戦!!」でも、弘法松を含めて西側を捉えたアングルが記録されている。
遠方は、未だ長閑な風景が広がる上麻生。

135037 S135040
左:『イナズマン』第22話より
右:2018年3月
135032 S135031
左:『イナズマン』第22話より
右:2014年9月
『イナズマン』第22話「歩く土人形 恐怖の大地割れ!!」でも映し出された西側を捉えたアングル。
渡五郎(演/伴直弥)とファントム兵士との戦闘シーンが描かれた。

135011 S135018
左:『どっこい大作』第60話より
右:2016年5月
篠田勘兵衛(演/加藤嘉)からパン作りの秘伝書を授かった大作(演/金子吉延)。
そこには、ただ「味 即 是 舌」の四つの文字しか書かれていなかった。
掲載した映画像は、彼が、親友の成平(演/竹尾智晴)、早苗(演/津山登志子)にその意味を訊ねるシーン。

135039 S135048
左:『仮面ライダーX』第2話より(映②)
右:2018年3月
135040 S135050
左:『仮面ライダーX』第2話より(映③)
右:2017年11月
135042 S135055
左:『仮面ライダーX』第2話より
右:2018年2月
135041 S135052
左:『仮面ライダーX』第2話より(映④)
右:2014年9月
『仮面ライダーX』第2話「走れクルーザー!Xライダー!!」では、亡き父を思いフルートを吹くススム(演/小松陽太郎)と神敬介(演/速水亮)との交流が描かれた。
映画像②、および③には、在りし日の「協和銀行グラウンド」の姿が記録されている(現在は、昭和音楽大学が建っている)。

135033 S135033
左:『イナズマンF』第14話より
右:2018年4月
『イナズマンF』第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」ラスト・シーンで、蘇生したコウジ(演/西川和孝)を抱くイナズマン。
背後に見える鉄塔は、上掲映画像②、③、④にも記録されている、まだ左右完全対称だった頃の柿生線№18。

135036 S135038
左:『透明ドリちゃん』第11話より
右:2018年3月
『透明ドリちゃん』第11話「仮面の優等生」で、理江(演/長谷川真砂美)を見掛けたドリちゃん(演/柿崎澄子)と虎雄(演/安藤聖一)の背後にも、柿生線№18が記録されている。

135043 S135057
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2018年4月
『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」には、他の『東映生田スタジオ』作品では見ることの出来ないアングルが多数記録されており、大変興味深い。
掲載した映画像は、亡き愛犬プチのお墓をボール遊びで荒らされ、千鶴(演/平井幸代)が憤慨するシーン。

最後に、西側を捉えた印象深い夕景カットをまとめてみたい。

135044 S135059
左:『どっこい大作』第25話より
右:2018年4月
135045 S135060
左:『仮面ライダーアマゾン』第9話より
右:2017年12月
135048 S135062
左:『イナズマンF』第14話より
右:2018年4月
135049 S135063
左:『透明ドリちゃん』第11話より
右:2018年4月
135050 S135068
左:『透明ドリちゃん』第21話より
右:2017年12月
季節によって陽が沈む方向は異なり、実際、同時期に撮影しなければ、掲載した写真のように味気の無いものとなってしまう。
また、『透明ドリちゃん』第11話の映画像は、稜線を踏まえると、もう少し右側に回り込んでの撮影と思われる。

S135069
上:2017年12月
『弘法松』、まだまだ続く・・・。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第13話「アンドロメダの恋人たち」(1971/12/26放送)
『好き!すき!!魔女先生』第22話「恐怖! ホラ穴の悪魔」(1972/2/27放送)
『仮面ライダー』第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」(1972/12/2放送)
『どっこい大作』第25話「157番目のラブレター!?」(1973/7/2放送)
『ロボット刑事』第18話「バドーの冷凍作戦!!」(1973/8/2放送)
『仮面ライダーX』第2話「走れクルーザー!Xライダー!!」(1974/2/23放送)
『イナズマン』第22話「歩く土人形 恐怖の大地割れ!!」(1974/3/5放送)
『どっこい大作』第60話「これがおれのパンだ!!」(1974/3/11放送)
『イナズマンF』第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」(1974/7/23放送)
『仮面ライダーアマゾン』第9話「ゆけアマゾン!カニ獣人の島へ」(1974/12/14放送)
『透明ドリちゃん』第11話「仮面の優等生」(1978/3/18放送)
『透明ドリちゃん』第21話「父さんの腕に抱かれたい」(1978/5/27放送)
『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」(1978/6/17放送)


Phase136 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase134 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/弘法松Ⅴ

今回より、現公園名の起源である弘法松そのものと、その周辺を取り上げたいと思う。

S133000
上:「柿生 里山は今」(1998年/中山周平 朝日新聞東京本社)より転載(参①)
これは、1968年11月に撮影された、弘法松の根株。
「昭和三十一年十二月十九日の北風の強く吹く日、何者かの焚き火の不始末で弘法松の根本の空洞内の松脂が一晩中燃えくすぶり、二十日の朝、発見して地元の消防団が駆け付けた時は、火は空洞の周囲の三分の二を焼き、さらに高さ七米にわたって幹を焼き上げてからは徐々に枯れてしまった」(「くらしの窓」178号(昭和45年2月1日発行)より抜粋)

S134006
上:2014年9月
Phase131にも記載したように、弘法松は、1956年12月19日に発生した火災がもとで枯死。
やがて根株だけを残し伐採されるに至ったが、1988年にはその根株も抜去され、石碑が設けられた。
『東映生田スタジオ』が存在したのは、まさにこの根株だけの時期である。

今回は、まず弘法松周辺より南側を捉えたカットを取り上げたい。

131009 S133006
左:『好き!すき!!魔女先生』OPより
右:2018年4月
133001 S133011
左:『好き!すき!!魔女先生』OPより
右:2018年4月
『東映生田スタジオ』作品で、最初に弘法松が映し出されたのは、『好き!すき!!魔女先生』のOP。
当時は「百合ヶ丘第一公園」と呼ばれていた時期で、映像では、南側の土手を駆け上がって来る月ひかる(演/菊容子)を追い、その際、画面左側から弘法松の根株がフレーム・インする。
掲載した写真に写る巨木は、後に植樹されたものである。
尚、映画像に写る鉄塔は柿生線№20で、その右奥に広がるのは、開発途上の王禅寺西。

133002 S133009
左:『好き!すき!!魔女先生』OPより
右:2018年4月
同じく『好き!すき!!魔女先生』OPから。
遠方に、『王禅寺処理センター』の旧煙突が記録されている(新煙突は少し離れた箇所に設置されている)。
因みに・・・。

S134041 S134004
左:2008年12月
右:2011年6月
当然のことながら、ある一時期、新旧両煙突が並び立っていた。

133003 S133003
左:『好き!すき!!魔女先生』第12話より
右:2016年5月
東西学園創立記念祭で、「かぐや姫」のアレンジ劇をすることとなった5年D組。
掲載した映画像は、『好き!すき!!魔女先生』第12話「宇宙怪人ゾルダ現わる」で、旗野先生(演/森本レオ)が、自分が怪人の着ぐるみに入ると正夫(演/藤江善幸)に告げるシーン。
旗野先生は、弘法松に腰掛けている。

133004 S134001
左:『好き!すき!!魔女先生』第16話より
右:2018年3月
『好き!すき!!魔女先生』第16話「ゴキブリ父ちゃん! 怪人レスラーもビックリ」で映し出された弘法松。
根株には注連縄が張られ、札が添えられていたが、この時期のものは、参考写真①に写るものとは明らかに異なっていたことが分かる。
付け替えられた時期は不明だが、「弘法の松は名のみになりぬれど 永久に残るはいろは文字なり  雪峯」の歌が記されていた。

133005 S134047
左:『好き!すき!!魔女先生』第16話より
右:2018年2月
『好き!すき!!魔女先生』第16話における同シーンの一連。
根株だけでもその巨大さが分かるカット。
背後に、増改築前の川崎市立南百合丘小学校が見える。
同校は、その他にも・・・。

133015 S134021
左:『好き!すき!!魔女先生』第12話より
右:2017年11月
133016 S134024
左:『好き!すき!!魔女先生』第20話より
右:2008年12月
133023 S134050
左:『好き!すき!!魔女先生』第22話より
右:2018年2月
上掲した第12話の一連、および第20話「恐怖の暗闇魔人」、第22話「恐怖! ホラ穴の悪魔」においてもその姿が記録されている。
その後も・・・。

133017 S134027
左:『どっこい大作』第33話より
右:2008年12月
133019 S134031
左:『イナズマン』第22話より
右:2018年4月
133021 S134036
左:『大鉄人17』第4話より
右:2014年9月
133020 S134033
左:『透明ドリちゃん』第11話より(映①)
右:2018年4月
当園でロケが行われた際、他の『東映生田スタジオ』作品でも頻繁に映し出されることとなった。
尚、上掲した映画像以外にも、同校が映し出されるカット(南西角のフラット部分で撮影されたカット)は、別途取り上げたいと思う。
また、映画像①に写るものを含め、ベンチについても、別途考察を試みる予定である。

因みに、南百合丘小学校の開校が決まった際、川崎市教育委員会が開いた新小学校名に関する諮問会の席上、出席者の中からは「弘法松小学校」という意見も出たという・・・。


(主参考文献)
「くらしの窓」178号(1970年2月1日発行/赤本新聞舗)
「弘法松風土記―ふるさとものがたり―」(1987年/しむらのぼる)
「柿生 里山は今」(1998年/中山周平 朝日新聞東京本社)

(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』OP(第1話「決闘! すずめヶ丘」)(1971/10/3放送)
『好き!すき!!魔女先生』第12話「宇宙怪人ゾルダ現わる」(1971/12/19放送)
『好き!すき!!魔女先生』第16話「ゴキブリ父ちゃん! 怪人レスラーもビックリ」(1972/1/16放送)
『好き!すき!!魔女先生』第20話「恐怖の暗闇魔人」(1972/2/13放送)
『好き!すき!!魔女先生』第22話「恐怖! ホラ穴の悪魔」(1972/2/27放送)
『どっこい大作』第33話「殺し屋にパンを投げろ!!」(1973/8/27放送)
『イナズマン』第22話「歩く土人形 恐怖の大地割れ!!」(1974/3/5放送)
『大鉄人17』第4話「わが友はワンセブン 」(1977/4/8放送)
『透明ドリちゃん』第11話「仮面の優等生」(1978/3/18放送)


Phase134 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase131 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/弘法松PartⅣ

弘法松・・・、その名の由来は諸説あるようだが、園内の案内板にはこう記されている。

「弘法大師が諸国を行脚していた折、この地にお寺を建てようとしました。しかし、見渡したところ山々の谷は九十九谷で百谷に一つ足りませんでした。そこで弘法大師は、なぜか寺をあきらめ、そこに一本の松を植えました。それがのちに大きくなり、弘法松といわれるようになりました」(川崎市)

S131004 S131007
左:「創立二十周年記念 社会科副読本「南ゆり」」(1989年/川崎市立南百合丘小学校)より転載
右:「連峰―私と百合ヶ丘の八十年―」(1990年/笠原博 日本放送教育協会)より転載
何れも、その巨大さが分かる在りし日の弘法松。
左に掲載した写真は、昭和三年に撮影されたもので、これをモチーフとした絵が上記案内板には描かれている。
一方、右の写真は、同案内板左上に掲示されているもので、幼少の頃、カメラマンの横にいらっしゃった笠原博氏(「ゆりストア」創設者)が各方面に寄贈された一枚である。
よく見ると、根方に二つの影があるが、これは氏のご尊父とご親類の方だという。

ご存知のように、弘法松は既に存在しない。
原因は、1956年12月19日に発生した火災。
一晩中燃え続けた結果、樹勢を失い、やがて枯死してしまった・・・。

それまでも何度か火災に見舞われたという(文献によって記載が異なっており、その正確な数は定かでない)が、その点については、「郷土史ゆりが丘」(1972年/大塚新平 大塚書店)に詳しい。
弘法松は、地上1㍍程の箇所が朽ちて洞穴になっていたとのことで・・・、「東側に大きな口を開けた洞穴があって、西側迄抜けていた。西側の口は小さかったが、それでも東から西の景色が僅かに望見出来た。この洞穴にクマン蜂がよく巣を作ったので、子供や青年達が巣を獲りにかかり、蜂の巣を獲る為に麦殻を燃やして穴の中に火を入れたので此処が何度も焼けた。だから穴の周りは黒こげになって居り、下には泥が一杯つまっていた。ジャン・ジャン・ジャンと村の火の見櫓の鐘が鳴り「弘法松が火事だ」と伝わって来ると村人達は総出で駈けつけたもので付近に水がないので畑の土を運んで洞穴を埋め消化した」(原文まま)

枯死した弘法松は、やがて下麻生の広田材木店によって伐採され、根株だけが残された・・・。

尚、Phase108で記したように、正式には「弘法松公園」と呼ばれる当園であるが、拙ブログでは『弘法松』と表記する。
また厳密に言えば、「弘法松公園」と名付けられたのは1988年のことであり、『仮面ライダー』を始めとする『東映生田スタジオ』作品に記録されている光景は、その前身「百合ヶ丘第一公園」と呼ばれていた時のものである。


S131020
上:「国土交通省 航空写真」(1975年)より
今回より、かつて弘法松が聳え立っていた西側(以下、西エリア)を見ていこうと思う。
作品、エピソード、更にはシーンも前後するが、その点はご容赦願いたい。


131002 S131002
左:『イナズマン』第22話より
右:2016年5月
『イナズマン』第22話「歩く土人形 恐怖の大地割れ!!」で、新聞配達中の和夫(演/黒田英彦)が自転車に乗っているのは、公園東側から続く砂利の歩道(上掲航空写真辺り)。

131007 S131029
左:『ロボット刑事』第18話より
右:2016年5月
『ロボット刑事』第18話「バドーの冷凍作戦!!」で、レイトーマンの攻撃をかわすK。
同じく、辺りで撮影されている。

S131024 S131025
左:2016年5月
右:2017年11月
フェンスで覆わている箇所をよく見ると、往時のガードレールが残されており、またKの足元に写る、拳大の石で構成された石垣も部分的に現存している。

131001 S131054
左:『好き!すき!!魔女先生』第13話より(映①)
右:2018年2月
131004 S131030
左:『好き!すき!!魔女先生』第13話より(映②)
右:2009年8月
掲載した映画像は、『好き!すき!!魔女先生』第13話「アンドロメダの恋人たち」で、落雷と共にバル(声/牟田悌三)の前に姿を現したひかる(演/菊容子)の兄・光源氏(演/佐々木功)。
共に公園南側で、アングルは西側から東側を捉えている。

ここで少し考察を試みたい。
まず映画像①と映画像②に写る松は、一見(距離、望遠およびアングルの違いによって)、別の木のようにも思えるが、実は同じもので、当時、西エリア南側最東端にあった黒松である。
残念ながら現存せず、掲載した写真に写る大木は似て非なるもの、松の木ではない。
現地に足を運ばれたことのある方であれば、ご存知のとおり、冒頭に記した弘法松は、西エリア南側最西端に存在した。
種々の文献に目を通してみても、書かれているのは弘法松ばかりで、こちらの黒松について触れているものはほぼ皆無。
その中にあって、1987年、しむらのぼる氏がまとめられた小冊子「弘法松風土記―ふるさとものがたり―」に興味深い記事が記されている。

「名松弘法松が昭和三十一年十二月、原因不明の火災に遭って、数年後に、大師直植の超寿令を完うした。そのあとに川崎市が、三本の第二世を植えた。ところが、そこから10m東に、周囲2mと、85cmと、更に5m先に、3mの三本の黒松が厳然としてそびえ立っている。「これが正真正銘の弘法松第二世だよ。井上準之助現青葉幼稚園長の祖父、井上栄吉さん(故人)が若い頃、畑仕事の往き帰りに、この辺の草苅をしたが、二、三本の小松が芽生えていたので、苅ってしまうのも可愛そうだと思って残しておいたんだよ。植えた三本は養子で、東の古い三本は堂々たる実子って云うわけさ。だから樹令もおよそ八十年かな。」ふもとの山口谷戸は、江戸時代、山口村とも呼ばれたが、こんな神話ならぬ実話も生き証人もある」(原文まま)

文中、川崎市が三本の第二世を植えたとあるが、これは1962年に植えられたものと考えて間違いない。
注目すべきは、「そこから10m東に、周囲2mと、85cmと、更に5m先に、3mの三本の黒松が厳然としてそびえ立っている」という部分。
この最後に記されている、つまり三本の第二世から15m東に聳え立っていたのが、上掲映画像に写る黒松ではないだろうか。
実計測をしたわけではないが、おおよその距離は合致する・・・、間違いない。

他にも、『東映生田スタジオ』作品には、この黒松が数多く記録されており、以下、その在りし日の姿を列挙したいと思う。

131005 S131018
左:『ロボット刑事』第18話より
右:2014年9月
前掲映画像の一連。
『ロボット刑事』第18話「バドーの冷凍作戦!!」では、Kとレイトーマンの最終決戦が黒松の西側で描かれた。
上掲映画像②とほぼ同様のアングル。

131006 S131019
左:『仮面ライダーアマゾン』第8話より
右:2017年11月
市井の人々から誤解され、件の黒松に縄で縛られたアマゾン(演/岡崎徹)。
そこにワニ獣人が現れた・・・。
『仮面ライダーアマゾン』第8話「学校を襲ったワニ獣人!!」では、アマゾンとワニ獣人との死闘が繰り広げられた。

131010 S131037
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
愛犬を亡くしてからというもの、ドリちゃん(演/柿崎澄子)の友達・千鶴(演/平井幸代)は、塞ぎがちの日々を過ごす。
そんな彼女の前に現れたのは、死神老人(演/天本英世)。
彼の呼びかけに答えたら・・・。
掲載した映画像は、『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」で、千鶴の前に現れた死神老人。
アングルは、黒松の北側を捉えている。

131008
上:『イナズマンF』第14話より
S131047
上:2018年4月
破傷風が原因で、生死の境をさ迷うコウジ(演/西川和孝)。
渡五郎は、血清を届けに彼の住む上原村へと急ぐが、行く手に合体ウデスパーが立ち塞がった・・・。
掲載した映画像は、『イナズマンF』第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」で、命を落としたコウジを抱くイナズマン。
ここで、もう一度、先述しむら氏の記述を見てみたい。
「そこから10m東に、周囲2mと、85cmと、更に5m先に、3mの三本の黒松」とあるが、これを東側から見た場合、「周囲3mのものから更に5m西に、85cmと、2mの三本の黒松」と換言できる。
当カットに写る三本の黒松を見ると、まさにこの記述に合致する配列。
それにしても、このダイナミックな構図、もはや子供番組の域を超えているとしか言いようがない。

131011 S131050
左:『透明ドリちゃん』第5話より
右:2018年4月
『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」で、大介(演/安藤一人)の祖母・菊子(演/曽我町子)が、思いを寄せるドリちゃん(演/柿崎澄子)のパパ・竜夫(演/佐藤允)におんぶをしてもらうシーン。
現在、園内に聳える桜の大木は、1988年に植樹されたものである。

131012 S131039
左:『超神ビビューン』第20話より
右:2015年4月
『超神ビビューン』第20話「妖怪を呼べる?危いあそび!?」で、遠方に映し出された三本の黒松。
公園北側にある出入り口付近からのアングル。

131013 S131052
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2018年4月
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」で、妖鬼と戦うビビューン。
掲載した映画像の背後に写るのは、周囲2mと85cmの二本の黒松。

131014 S131040
左:『超神ビビューン』第20話より
右:2018年2月
上掲『超神ビビューン』第20話では、ビビューンが、東から三本目の黒松(周囲2m)からダイブするカットも撮影されている。
掲載した写真に写る大木は同木ではないが、カメラ位置、アングルはほぼ同様と思われる。


「昭和三十七年四月五日、緑化週間にちなんで金刺市長が二世の弘法松として黒松三本を記念植樹したが、何年たったらあの巨大な名木になるだろう」(「くらしの窓」178号(昭和45年2月1日発行)より抜粋)
しかし、この願いは、松の大敵「マツ材線虫病」に絶たれてしまい、更にその後も数回の植え替えを余儀なくされたという(現在のものは、2012年に植えられたもの)。

弘法松について触れられる際、かつて、西エリア南側最東側にあった実子たちについて語られることは、殆んどない・・・。


(主参考文献)
「くらしの窓」178号(1970年2月1日発行/赤本新聞舗)
「郷土史ゆりが丘」(1972年/大塚新平 大塚書店)
「弘法松風土記―ふるさとものがたり―」(1987年/しむらのぼる)
「創立二十周年記念 社会科副読本「南ゆり」」(1989年/川崎市立南百合丘小学校)
「連峰―私と百合ヶ丘の八十年―」(1990年/笠原博 日本放送教育協会)


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第13話「アンドロメダの恋人たち」(1971/12/26放送)
『ロボット刑事』第18話「バドーの冷凍作戦!!」(1973/8/2放送)
『イナズマン』第22話「歩く土人形 恐怖の大地割れ!!」(1974/3/5放送)
『イナズマンF』第14話「大空中戦!! 合体ウデスパー戦略部隊」(1974/7/23放送)
『仮面ライダーアマゾン』第8話「学校を襲ったワニ獣人!!」(1974/12/7放送)
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」(1976/9/14放送)
『超神ビビューン』第20話「妖怪を呼べる?危いあそび!?」(1976/11/30放送)
『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」(1978/2/4放送)
『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」(1978/6/17放送)


Phase131 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

Phase126 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/弘法松PartⅢ

今回は、階段(アングル:下→上)を取り上げるが、Phase112でもお断りしたように、掲載する写真には新旧両手摺りが混在する。
その点は、ご容赦頂きたい。

113006 S113021
左:『好き!すき‼魔女先生』第20話より
右:2017年11月
113010 S113025
左:『好き!すき‼魔女先生』第20話より
右:2008年12月
最初に取り上げるのは、『好き!すき‼魔女先生』第20話「恐怖の暗闇魔人」のラスト・シーン。
下校する東西学園の生徒たちを見送りながらも、クモンデスとの戦いに決意を新たにする月先生(演/菊容子)の姿が描かれた。
この階段は、三ヶ所の平坦な部分を挟み、見事な湾曲を描きながら四つのステップで構成されている。
掲載した映画像は、上から二番目の平坦部分から頂上部をズームで捉えたアングル。

では、多少前後するが、可能な限り作品年代ごと、且つステップごとにまとめてみたいと思う。

113013 S113029
左:『大鉄人17』第4話より
右:2016年5月
レッドマフラーへの入隊を拒み続ける三郎(演/神谷政浩)。
しかし、ブレインの攻撃により友人らにも犠牲が・・・。
掲載した映画像は、『大鉄人17』第4話「わが友はワンセブン」において、一人苦悩するそんな彼の後ろ姿を、階段最上部から捉えたアングル。
当時は、屋根付きの見晴らし台が未だ設置されていなかったことが分かる。

125002 S125007
左:『透明ドリちゃん』第5話より
右:2014年9月
『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」で映し出された階段最上部。
手摺りの錆び具合がいい味を醸し出していたのだが・・・。

113011 S125003
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第10話より
右:2018年3月
『秘密戦隊ゴレンジャー』第10話「赤い風船!風速100メートル」で、ツバサ仮面らがいる船上の様子を窺う海城剛(演/誠直也)ら。
カメラは、頂上部に立つ彼らを一番上のステップから捉えている。

113012 S113027
左:『アクマイザー3』第11話より
右:2008年12月
『アクマイザー3』第11話「なぜだ?! 子連れイビル」のラスト・シーンで、大好きなイビルに手を振るトシコ(演/星場美枝子)。
同じく手摺り東側から撮影されている。

113014 S113032
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2018年2月
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」において、スカイ剣レーダーで、姿を消したバックダードの居場所を追うビビューン。
こちらは、手摺り西側からの撮影。
上掲『アクマイザー3』第11話の映画像にも写っている外灯は、既に改修されている。

125003 S125008
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2018年2月
同じく手摺り西側からのアングルで、バックダードと対峙するビビューン。

113016 S122002
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2018年3月
同エピソードで記録された、階段上部東側の様子。
フェンス自体は改修されているようだが、擁壁も含めて往時の雰囲気をそのまま留めている。

113015 S113033
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2017年12月
また同エピソードでは、今は無き最上部ステップ西側の擁壁も映し出されている。
『仮面ライダー』第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」で、ネコヤモリがキャットファイヤーを吐き出す直前のカットに映し出された擁壁は、この僅かに左側であるが、宅地化の際、下部と共にフェンスに改修された模様。

125001 S125005
左:『超神ビビューン』第10話より
右:2018年3月
この階段で多くのカットが撮影された『超神ビビューン』第10話。
掲載した映画像は、上から二段目のステップ部分から頂上部を捉えたアングル。

113017 S113035
左:『透明ドリちゃん』第5話より
右:2014年9月
『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」で映し出された、上三段のステップ部分。
ドリちゃん(演/柿崎澄子)らは、上から二段目のステップに差し掛かろうとしている。

113008 S125011
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2018年3月
今回、掲載した作品では、『好き!すき‼魔女先生』に次ぎ古い作品であるが、最後に取り上げるのは、『超人バロム・1』第27話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」で、一番下のステップを駆け下りる猛(演/飯塚仁樹)と健太郎(演/高野浩幸)。

S125012
上:2009年8月
この屈曲の様は、或る意味、芸術的。
経年的劣化で致し方ないが、やはりこの階段には旧手摺りがよく似合う・・・。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき‼魔女先生』第20話「恐怖の暗闇魔人」(1972/2/13放送)
『超人バロム・1』第27話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」(1972/8/13放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第10話「赤い風船!風速100メートル」(1975/6/14放送)
『アクマイザー3』第11話「なぜだ?! 子連れイビル」(1975/12/16放送)
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」(1976/9/14放送)
『大鉄人17』第4話「わが友はワンセブン」(1977/4/8放送)
『透明ドリちゃん』第5話「愛されて困ります」(1978/2/4放送)


Phase126 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR