FC2ブログ

Phase098 【ロケ地】川崎市多摩区西生田/小田急小田原線読売ランド前駅周辺④

【ZoneB】


『東映生田スタジオ』作品に映し出される『読売ランド前駅』周辺の中で、現在との違いを特に感じることが出来るのが、今回より取り上げるZoneBと言えよう。
そこで、まずは1970年代と2015年の店舗を列挙し、その変遷を確認してみたい。

YRMEB9
上:ZoneB概略図
文字が小さく恐縮だが、掲載する映画像、写真の対比の参考にして頂きたい。
尚、記載は左が西側で、映像では、各々、主に上(北側)からのアングルとなる。
また位置関係を示すだけで、実寸法比率は異なることをお断りしておく。

098002 S098001
左:『どっこい大作』第8話より
右:2010年9月
まずは『どっこい大作』第8話「鬼がキャベツをきざむ!!」で、高級中華料理店として全容が映し出された『大京園』。
劇中の店名も「大京園」として使用されたが、台本では「南京飯店」とされていた。
尚、掲載した写真は、2階に「塩梅」が入っていた2010年のもの(現在は、「魚民」)。

098003 S098002
左:『どっこい大作』第8話より
右:2017年12月
098004 S098003
左:『どっこい大作』第8話より
右:2017年12月
当時、「大京園」の西側約1/2は駐車場になっていたようで、店舗東側は、今以上、敷地ギリギリにまで建っていたと思われる。

098005 S098004
左:『どっこい大作』第8話より
右:2017年12月
098007 S098005
左:『どっこい大作』第8話より
右:2017年12月
098020 S098018
左:『どっこい大作』第56話より
右:2014年9月
入口以外、1階部分は殆どが重厚な煉瓦造りであったのに対し、2階部分はモダンな洒落たデザインだったことが分かる。

098006 S098006
左:『どっこい大作』第13話より
右:2014年9月
『どっこい大作』第13話「ぶちわれラーメンドンブリ!!」で、大作が開発したスープの販売に東奔西走するシークエンスがある。
中華料理数店舗の看板が店名を伏せて映し出されるが、そのうちの一軒に、「大京園」が使用された。

098008 098009
左:『超人バロム・1』第13話より
右:『どっこい大作』第56話より
北側、および西側の側壁二面には、「大」「京」「園」の文字が刻まれた六角形のパネルが施されていた。
尚、『東映生田スタジオ』作品で最初に「大京園」が映し出されたのは、『超人バロム・1』第13話「魔人タコゲルゲが子供をねらう!」であった。

098011 098012
S098008
上2枚:『超人バロム・1』第13話より(左:映① 右:映②)
下:2008年12月
『東映生田スタジオ』作品に映し出されるZoneBを考察すると、「大京園」以西は比較的よく確認することが出来る。
しかし、その東側、「生田4号踏切」(Phase096参照)手前までとなると、この『超人バロム・1』第13話が唯一と言えよう(『どっこい大作』第56話「青春の別れ」でも、よし(演/うえずみのる)が百合子(演/小川悦子)にフラれた理由を訊ねに来るシーンで映し出されるが、パン映像のため解析不能)。
「佐吉」に「笑笑」・・・。

098015 098016
上2枚:『超人バロム・1』第13話より(左:映①アップ 右:映②アップ)
098017 098018
上2枚:『どっこい大作』第56話より(左:映③ 右:映④)
但し、それも、当時の南口改札前から望遠で捉えられた映像のため、今一つはっきりとしない。
そこで、『どっこい大作』第56話で、百合子が働く喫茶店によしが大作を連れて行くシーンと合わせて考えてみたい。

S098009 S098010
左:2010年9月
右:2016年10月
左は、①の現在の姿で、「横浜銀行 読売ランド駅前支店」。
当時、「大京園」の東隣にあった「東亜商事」で、映画像④で大作の背後に写る建物である。
右は、②の現在の姿で、「灰吹屋薬局 読売ランド店」などが入る「ヤマダビル」。
映画像③に写る三角屋根をした建物で、当時は「山田屋食堂」であった。

S098013 S098012
上2枚:2016年10月
上2枚は、当時、「登坂ストアー」と呼ばれていた③の現在の姿で、「トーアホーム」などが入る「登坂ビル1号棟」。
現在、2階への入口に設けられたグレー色の陽射し除けが、映画像に写る黄色いものの名残にも思えるが、詳細は残念ながら不明である(「トーアホーム」入口の煉瓦枠は、後で造られたものと推測するのだが・・・)。

S098014 S098015
上2枚:2016年10月
④については、憶測の域を脱し得ないが、おそらく現在の「登坂ビル2号棟」と思われる。
つまり、当時の「ドラッグストアーめぐみ」ではないかと。
或いは、「登坂ストアー」(当時)の階段東側にあった店舗の店名入り陽射し除けかもしれない(残念ながら、この陽射し除けに記された文字は解読不可能)。
しかしながら、この「登坂ビル」が建つ場所では、古くから店舗による商いが行われており、『喜劇 駅前団地』(1961年/東宝・東京映画)開巻部でも、その前身である「登坂屋商店」(更にその前身は、八百屋「とさか屋」)と配達用と思われるミニバンが記録されている。


S098007
上:「社会科副読本 わたしたちの町 にしいくた」(1988年/川崎市立西生田小学校)より転載
掲載したのは、「社会科副読本 わたしたちの町 にしいくた」(1988年/川崎市立西生田小学校)より転載した、「大京園」在りし日の『読売ランド前駅』周辺の様子。
「大作歩道橋」が現在のものに改修されてから未だ間もない頃のものである。
尚、「大京園」の開業は、1967年だったという。


(主参考文献)
「社会科副読本 わたしたちの町 にしいくた」(1988年/川崎市立西生田小学校)

(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第13話「魔人タコゲルゲが子供をねらう!」(1972/6/25放送)
『どっこい大作』第8話「鬼がキャベツをきざむ!!」(1973/2/26放送)
『どっこい大作』第13話「ぶちわれラーメンドンブリ!!」(1973/4/2放送)
『どっこい大作』第56話「青春の別れ」(1974/2/11放送)


Phase098 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR