Phase020 【ロケ地】川崎市麻生区多摩美/多摩美界隈⑤


今回も、『多摩美界隈』の某所を取り上げたいと思う。

02001
上:『超人バロム・1』第20話より
S02001
上:2009年11月
『超人バロム・1』第20話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」で、木戸家として使用された個人邸宅。
増改築はされているものの、随所に往時の名残が感じられる・・・、感じられた。
2016年、残念ながら取り壊され、現存しない。

02003 S02002
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2009年11月
掲載した写真は、『超人バロム・1』第20話で、猛(演/飯塚仁樹)と姉の紀子(演/戸島和美)が会話をした石段部分。

02004 S02003
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2015年12月
掲載した映画像は、巣箱然としたポスト越しに撮影されている(取材にあったものは、往時のものとは僅かに形状が異なる)。
道路を挟んだ向かいの大谷石で造られた擁壁も、数年前までは現存していた。

02005 S02004
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2010年9月
同じく『超人バロム・1』第20話において、サソリ人間に包囲された猛を救うべく、木戸家へと向かう健太郎(演/高野浩幸)のシーンの一部は、当邸宅北側の坂道で撮影された。
つまり、劇中、健太郎は木戸家に向かって走っているのだが、実際の撮影では、その木戸家を通り過ぎていたことになる。

02006 S02005
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2015年12月
上掲した映画像の一連。
右側に石段部分、及び手摺りが確認出来るが、生い茂る草により、現在、同様の撮影は難しい。

02007 S02006
左:『超人バロム・1』第20話より
右:2015年12月
同じく一連で、バロム・1に変身するため、健太郎がボップを投げるカット。
背後に見えるのは、一部現存する大谷石の擁壁。


02008 S02007
S02009
上左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
上右:2010年12月
下:2014年9月
02009 S02008
S02010
上左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
上右:2010年12月
下:2014年9月
『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話「黄色いスパイ戦!見たかYTCの威力」で使用された個人邸宅。
キレンジャー・大岩大太(演/畠山麦)らは、イーグル科学研究所で開発された地底探知機を廃品回収車にカモフラージュして移送することとなった。
掲載した映画像は、この計画を察知した黒十字軍が、彼らのカモフラージュを逆手に取り、一般人に成りすまして廃品回収を依頼、車を引き止めるカット。
場所は、前掲した木戸家の目と鼻の先。
こちらの個人邸宅もつい最近まで存在していたが、現在は賃貸アパートに変貌を遂げている。

02010 S02012
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
右:2010年12月
成長した庭木に遮られ分かり難いが、住宅の基本的構造に変わりはなかった。
尚、当シーンで一般市民(主婦)を演じたのは、『仮面ライダー』第76話で「怪獣のカンヅメ・モンスター」を売っていた由起 艶子。

02011 S02013
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
右:2014年9月
門内から捉えたアングル。
奥に見える白い外壁をご覧になって、ピン!と来られた方も多いはず。

02024 S02023
左:『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話より
右:2015年12月
現存したブロック塀。

02012 S02014
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
掲載した映画像は、『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」における、ドリちゃん(演/柿崎澄子)と虎男(演/安藤聖一)の千鶴(演/平井幸代)捜索シーン
正面左側の住宅が往時の姿をそのままに残している。

02013 S02016
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2015年11月
同じく『透明ドリちゃん』第23話より、千鶴が死神(演/天本英世)の誘惑に乗り、事故で亡くした愛犬プチとの再会を夢見て、街を彷徨うシーン。

02016 S02018
左:『透明ドリちゃん』第23話より
右:2014年9月
背後の空き地は既に現存せず、今はガレージを有する立派な邸宅に変わっている。
左奥に見える階段に、当時の名残を感じることが出来る。

02014 02015
S02017
上2枚:『透明ドリちゃん』第23話より
下:2014年9月
上掲映像写真の一連で、千鶴を見つけたドリちゃんらは、この坂道を駆け降りる。
斜めに設けられていた電柱が姿を消しているのが分かる。

02018 02019
S02020
上2枚『透明ドリちゃん』第23話より
下:2014年9月
千鶴が立っていた坂道。
映画像に写る擁壁、外塀がそこかしこに現存する。

02020 S02021
上2枚:『透明ドリちゃん』第23話より
下:2015年12月
千鶴の肩に手を掛ける死神。
一方、基本的構造を残しながらも、既にリフォームされている箇所も多い。

02021 02022
S02022
上2枚:『透明ドリちゃん』第23話より
下:2015年12月
この坂道は相当な勾配があり、行き交うのはやはり車が多い。
しかし、時折、時間をかけて歩くご高齢者の姿も・・・。
きっと在りし日の『東映生田スタジオ』をご存知の方々に違いない。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第20話「魔人サソリルゲが地上を征服する!!」(1972/8/13)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第34話「黄色いスパイ戦!見たかYTCの威力」(1975/12/20)
『透明ドリちゃん』第23話「超能力おじさんの正体」(1978/6/17)


Phase020 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR