Phase031 『東映生田スタジオ』⑥ 【(B)防護壁】


S032001
上:2012年11月
今回は、今もスタジオ跡地南側に佇む(B)防護壁を取り上げたいと思う。
厳密にはスタジオのものではないが、ファンにとっては、『東映生田スタジオ』の遺産と言っても過言ではない。

032001 S032003
左:特写より
右:2011年10月
掲載したのは、『仮面ライダー』制作最初期、防護壁前で撮られた特写スチール。
現在、藪笹や木々に覆われてはいるが、その凛とした姿は往時のまま。

032002 S032005
左:特写より
右:2011年10月
二枚存在するうち、北側(写真右側)の防護壁は、南側のものよりも僅かに背丈が高い。
砂利だった前の道路は、アスファルトに舗装されている。

032003 S032006
左:特写より
右:2011年10月
この特写は、トリミングなどの加工がなされ、関連書籍などでは比較的露出度の高い有名なスチール。
こちらは、南側の防護壁前で撮影されている。
尚、サイクロンについては、マスク同様、諸々の考察、議論が行われているが、ここに写るサイクロンは、フロント・サスペンションの不具合からスリットに切れ込みが入れられた、映像では確認出来ないバージョンである。

032004 032005
上2枚:『仮面ライダー』第4話より
映像の初出は、『仮面ライダー』第4話「人喰いサラセニアン」(Phase028参照)。
本郷(演/藤岡弘)が駆けて行く遠方に、まだ初々しい姿を確認することが出来る。

032006 S032008
左:『好き!すき!!魔女先生』第8話より
右:2011年11月
『仮面ライダー』第4話の次に映し出されたのは、『好き!すき!!魔女先生』第8話「うそつき先生」。
教え子の尾関カズ子(演/荒井久仁江)の虚言に呆気に取られる月ひかる(演/菊容子)のアップ・カットで、その背後に北側の防護壁が記録されている。

032007
上:『好き!すき!!魔女先生』第12話より
S032010
上:2010年12月
また、『同』第12話「宇宙怪人ゾルダ現わる」では、この前をゾルダが闊歩するシーンが描かれた。

032008 S032011
左:『超人バロム・1』第21話より
右:2012年4月
『超人バロム・1』第21話「魔人クチビルゲがバロム・1を食う!!」では、冒頭、酔っ払いのサラリーマン(演/人見きよし)がクチビルゲに飲み込まれるところを、町内肝試し会に参加していた浩太(演/川口英樹)とチャコ(演/南陽裕子)の兄妹が目撃し、ドラム缶の脇に身を隠すシーンで、同じく北側の防護壁が確認出来る。
尚、2012年に入り、北側の防護壁の脇に「多摩美特別緑地保全地区 川崎市」と記された標柱が登場。
また、掲載した写真には写っていないが、近くには「たぬきの道」と書かれた小さな木片も設置され、箕輪氏によると、季節によってはハクビシンも現れるという。

032009 S032012
左:『仮面ライダーV3』第39話より
右:2012年7月
S032013 S032014
左:2012年4月
右:2012年11月
『仮面ライダーV3』第39話「人喰い植物バショウガンの恐怖!!」では、保存人間計画の人材として、デストロンに拉致された山田正子(演/津々井和枝)と弟・修一(演/松田洋治)の劇中写真の背景に、北側の防護壁が使用されている。
尚、掲載した映画像に写るテトラポットのようなものは、経時的色褪せは否めないが、現在も周辺に散乱するものの一部と思われる。

032010 S032015
左:『どっこい大作』第52話より
右:2016年4月
『どっこい大作』第52話「父と母と成人式」で、大作(演/金子吉延)と対峙する勝田金次(演/桂小金治)。
大作が立っているのは、北側の防護壁前。

032011 S032016
左:『仮面ライダーアマゾン』第23話より
右:2011年2月
『仮面ライダーアマゾン』では、第23話「にせライダー対アマゾンライダー!!」において、北側の防護壁前で黒ジューシャが岡村リツ子(演/松岡まりこ)と弟・マサヒコ(演/松田洋治)を誘拐しようとするシーンが撮影された。

S032007 S032017
S032019
上左:2004年4月
上右:2007年12月
下:2009年10月
因みに、以前、防護壁の前面が、鉄パイプで覆われていた時期があり、2009年には、〝事業用地〟と記された看板とフェンスも設置された。
詳細を記すのは控えるが、なんでも以前より再開発の話が持ち上がっていたという。
しかし、「川崎・多摩美の山トラストの会」のご尽力などもあり、「多摩美特別緑地保全地区」としての指定を受け、周囲の緑地帯の再開発は中止、結果、防護壁も保全されることとなったのである(前述の標柱は、その指定を受けて設置されたもの)。
やはり、この防護壁に鉄パイプやフェンスは似合わない。
永遠にこの姿を残して欲しいと願う・・・。

S032020
上:2012年11月
『小田急小田原線/読売ランド前駅』から続くなだらかな坂道を歩いていくと、やがて遠方に灰色の立体構造物が見えてくる。
実際に目の前にすると、静寂の中に際立つ、その独特な存在感に圧倒されるが、長年、陽の光、雨風に晒された結果、特写や映像にあるようなシンプルさ、初々しさは感じられない。
半世紀近い時の流れは、あまりにも大き過ぎる・・・。
しかし、かつて、内田有作らが、この前を毎日のように行き来していたのは、紛れもない事実。
一見、何処にでもあるような何の変哲も無いただの防護壁、更に言えば、単なるコンクリートの塊だが、『仮面ライダー』を愛する者、『東映生田スタジオ』作品に心を奪われた者にとっては天然記念物ならぬ、まさに人工記念物なのである。


(映画像掲載作品)放映順
『仮面ライダー』第4話「人喰いサラセニアン」(1971/4/24放送)
『好き!すき!!魔女先生』第8話「うそつき先生」(1971/11/21放送)
『好き!すき!!魔女先生』第12話「宇宙怪人ゾルダ現わる」(1971/12/19放送)
『超人バロム・1』第21話「魔人クチビルゲがバロム・1を食う!!」(1972/8/20放送)
『仮面ライダーV3』第39話「人喰い植物バショウガンの恐怖!!」(1973/11/10放送)
『どっこい大作』第52話「父と母と成人式」(1974/1/14放送)
『仮面ライダーアマゾン』第23話「にせライダー対アマゾンライダー!!」(1975/3/22放送)


Phase031 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR