Phase042 【ロケ地】川崎市麻生区細山/細山界隈PartⅢ

(編集前記)
Phase040で取り上げました、『超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」で、「平山眼科」として使用された個人邸宅につきまして、複数の方から、プロデューサー・平山亨氏(故人)の邸宅が使用されたのか?といった旨のご質問を受けました。
過去に作成されたある同人誌にそのような記載があったとのことで・・・。
愚生がお答えするのも何か変な話ですが、敢えて申し上げますと、事実ではないようです。
当時の住宅地図も調べましたが、全く別のお方がお住いでした。
同人誌に記載された方が、何か確証をお持ちでしたら、話は別ですが・・・。
個人的には、違うと思います。
ご報告まで。

今回は、『細山界隈』の二箇所を取り上げたいと思います。


041001 S041014
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
日本航空機研究所の葉山博士(演/田畑孝)とそのグループは、超音速旅客機・アスカ号の設計図を完成させた。
掲載した映画像は、『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」に登場するその葉山邸。
当住宅は、数年前まで細山某所に現存していたが、「平山眼科」として使用された邸宅同様、残念ながら既に解体されて久しい。
外壁は白色に再塗装されてはいたが、見事なまでに往時の佇まいを留めていた。

041002 S041002
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
掲載した映画像は、アスカ号の設計図奪取を企み、バドーと手を組んだ小田物産株式会社の経営者・小田(演/北真知史郎)の襲撃を警戒する芝刑事(演/高品格)、新條刑事(演/千葉治郎)ら。

041003 S041004
左::『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
葉山邸の前に停車するロボット刑事Kの愛車・ジョーカー。
道路に面したブロック塀は、既に改修されていた。

041004 S041010
左::『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
新條刑事らが立っていた門柱脇。

041005 S041009
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
隣の邸宅前の様子。
木々の成長が、時の流れを忠実に物語っている。

041006 S041008
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2009年11月
葉山邸の様子を探る情報屋・地獄耳平(演/三上左京)。

041007 S041012
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2013年12月
掲載したのは、その地獄耳平が隠れていた、葉山邸北西に設けられた擁壁中程の階段。
現在も、この近くには同様の階段が存在するが、大谷石の凹凸が明らかに異なり、撮影に使われたのは、今は立派な住宅が建つ門部分だと思われる。

041008 S041013
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2010年9月
041009 S041015
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2017年5月
葉山博士を狙い、突如現れた小田とその部下(演/鹿島信哉)。

S041016 S041032
上2枚:2010年9月
数年前までは、残っていたのだが・・・。

041010 S041017
左:『ロボット刑事』第9話より
右:2010年9月
襲撃後、小田らが逃走した、葉山邸前から東側へ延びる道路。
この段階では現存していた三角屋根の住宅も、残念ながら今は姿を消している。


041011 S041018
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2010年9月
ドルゲ魔人キバゲルゲは、大野オサム(演/沢村正一)ら子供達を牙人間にして美しい物を次々と破壊しようと企む。
オサムの様子に疑惑を抱いた猛(演/飯塚仁樹)と健太郎(演/高野治幸)は、彼の実家へと向かった。
掲載した映画像は、そんな猛らに対し、クラスメイトのカオル(演/斎藤浩子)がオサムの潔白を訴えるシーン。
『超人バロム・1』第27話「魔人キバゲルゲが赤いバラに狂う!!」で、大野オサムの実家として使用された個人邸宅は、今も細山某所に現存する。

041013 S041020
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
オサムの家へと向かう猛と健太郎。

041014 S041022
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
件の邸宅南東側は階段となっており、手摺りは既に改修されている。

041015 S041023
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
キバゲルゲの攻撃を受けるバロム・1.
色だけでなく、転落防止の支柱そのものも改修されている。

041016 S041026
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
階段西側の洒落たフェンスも健在。

041017 041018
S041029
上2枚:『超人バロム・1』第27話より
下:2010年9月
キバゲルゲと対峙するバロム・1
往時の雰囲気がほぼそのままに残されているのが分かるアングル。

041019 S041031
左:『超人バロム・1』第27話より
右:2013年12月
当時、階段下は、未だ砂利道だったことが分かる。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第27話「魔人キバゲルゲが赤いバラに狂う!!」(1972/10/1放送)
『ロボット刑事』第9話「電気椅子スパイ!!」(1973/5/31放送)


Phase042 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR