Phase043 【ロケ地】川崎市麻生区細山/細山神明社

『細山神明社』
川崎市麻生区細山2-6-1

S042024
上:2017年5月
『細山神明社』は、鎌倉時代に祀り始められたと云われており、関東に三社ある〝逆さ大門〟の一つとして知られている。
「新編武蔵風土記稿」には、「社前一丁余を隔てて鳥居をたつ ここより社前までは下り坂なる 故土人これを逆大門とよぶ。尋常の大門は皆坂下より上へ登れるにここのみはかへりて下る故なり」という記述がある。
つまり、神社は鳥居を潜って石段を上り、社殿に到るように建てられているのが一般的だが、『細山神明社』の場合は、鳥居が丘の上にあって、坂の下に社殿が位置しているため、〝逆さ大門〟と呼ばれるという。

当神明社では、『仮面ライダー』第89話「恐怖のペット作戦 ライダーを地獄へおとせ!」において、少年仮面ライダー隊のナオキ(演/矢崎智紀)とミツル(演/山田芳一)がゲルショッカー戦闘員に襲われ、やがて本郷に救われるシークエンスが描かれた。

042002 S042026
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2017年5月
社殿よりも鳥居が上にある、これが〝逆さ大門〟と呼ばれる所以。
狛犬の位置、手摺りの設置など、近年になり多少の変化は見られるが、漂う雰囲気は往時のまま。

042001 S042004
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2014年9月
042003 S042005
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2014年9月
042004 S042007
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2010年9月
石段下部の様子。
現在、その両脇には石垣が築かれている。

042005 S042008
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2010年9月(写①)
石段を駆け下りたナオキとミツルは、まずは右方向へ逃げるが、そこでUターンした大木が現存する。
但し、その両脇には石碑が建てられ、背後の傾斜部分も、庭園風に整備されている。

042006 S042010
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2010年9月
次に、ナオキとミツルは、石段前に戻り、手水舎へと向かう。
台座を始め、既に改修されているものの、その位置は往時のまま。

042008 S042011
左:『仮面ライダー』第89話より(映①)
右:2010年9月
手水舎の次に向かったのは、その東側にあった大小二つの石碑。
現在、この場所には、神楽殿が建立されている。

S042014 S042015
上2枚:2006年5月
この二つの石碑は、石段南側に立つ大木の両脇に移設されている(写真①参照)。

042009 S042016
左:『仮面ライダー』第89話より(映②)
右:2010年9月
パン映像で映し出される、東側のスロープ。
背後に見える住宅もすっかり様変わりしている。

042010 S042018
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2013年12月
042015 S042028
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2010年9月
そして、ナオキとミツルは、拝殿下へと逃げ込む。
この一連のシーンは、ハイスピードで描かれており、比較的シリアスなストーリーが多いゲルショッカー編においては、珍しくコミカルな演出がなされている。

042019 042020
S042036
上2枚:『仮面ライダー』第89話より
下:2014年9月
本郷(演/藤岡弘)が、ナオキとミツルの救出に駆けつけたカット。
これが、〝逆さ大門〟と言われる所以である。

042021 S042039
左:『仮面ライダー』第89話より(映③)
右:2010年9月
042022 S042040
左:『仮面ライダー』第89話より
右:2010年9月
ゲルショッカー戦闘員と対峙する本郷。
石段下から拝殿を望む。
境内は、いつも厳かな空気と静寂に包まれている。


以上、おおよその位置関係を明確にするために、『仮面ライダー』第89話の一連のみを掲載した。
次に、他の『東映生田スタジオ』作品で映し出された箇所も含めて考証を行いたいと思う。


042011 S042020
左:『透明ドリちゃん』第3話より
右:2014年9月
『透明ドリちゃん』第3話「涙のラーメン勝負」で映し出された、石段下より鳥居を捉えたアングル。

042012 S042021
左:『透明ドリちゃん』第3話より
右:2017年5月
042013 S042022
左:『透明ドリちゃん』第11話より
右:2017年5月
『透明ドリちゃん』では、2エピソードで使用され、共に手水舎を手前に拝殿を捉えたナメ構図が確認出来る。

042014 S042023
左:『仮面ライダーストロンガー』第6話より
右:2010年9月
『仮面ライダーストロンガー』第6話「先生に化けた クラゲ奇械人!」で映し出されたのは、映画像①に写る背丈の高い方の石碑。

042016 S042032
左:『仮面ライダーストロンガー』第6話より
右:2013年12月
掲載した映画像は、映画像②に写るスロープ。
『仮面ライダーストロンガー』第6話では、天才少年・堀文夫(演/長谷川誉)の実家として使用された。

042017 S042033
左:『仮面ライダーストロンガー』第6話より
右:2013年12月
スロープを登り切った場所。
現在、整備された階段脇には、焼却炉が設置されている。

042018 S042035
左:『仮面ライダーストロンガー』第6話より
右:2013年12月
拝殿に向かって左側の様子。
現在、スロープより境内へ車が容易に進入出来ないよう、柵が設けられている。

042023 S042042
左:『透明ドリちゃん』第3話より
右:2014年9月
映画像③とほぼ同様のアングル。

042024 S042043
左:『仮面ライダーストロンガー』第6話より
右:2013年12月
拝殿向かって右側にある管理事務所らしき建物。
『仮面ライダーストロンガー』第6話では、文夫の母親(演/中真千子)が玄関から出てくるカットが撮影された。
往時の雰囲気が、そのまま残されているのが分かる。

042025 S042044
左:『透明ドリちゃん』第3話より
右:2014年9月
場所は鳥居の西側。
『透明ドリちゃん』第3話において、出前中のシンヤ(演/真夏竜)の姿が描かれた。



(映画像掲載作品)放映順
『仮面ライダー』第89話「恐怖のペット作戦 ライダーを地獄へおとせ!」(1972/12/9放送)
『仮面ライダーストロンガー』第6話「先生に化けた クラゲ奇械人!」(1975/5/10放送)
『透明ドリちゃん』第3話「涙のラーメン勝負」(1978/1/21放送)
『透明ドリちゃん』第11話「仮面の優等生」(1978/3/18放送)


Phase043 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR