Phase061 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/小田急小田原線百合ヶ丘駅周辺PartⅠ

『小田急小田原線百合ヶ丘駅』(以下、『百合ヶ丘駅』)でのロケと聞いて、『喜劇 駅前団地』(1961年/東宝・東京映画)を想像される方も少なくないと思われる。
開業翌年に公開された映像には、真新しい駅舎とロータリーも記録されており、非常に興味深い。


060007 S061018
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
右:2017年7月
掲載した映画像は、『好き!すき!!魔女先生』第6話「僕の弟はロボットだ!」で映し出された、開業11年後の『百合ヶ丘駅』周辺の様子(左が新宿方面、右が小田原方面)。
撮影は、おそらく駅北東側に建つ「丸丘ビル」の屋上からだと思われる(対比写真は「丸丘ビル」前から)。
当時の駅舎は、現在とは異なり、出入り口、及び改札口は南側(映画像奥)のみで、新宿方面の1番ホームへは、映画像にも写る跨線橋を渡って行くという構造であった。
この跨線橋から数㍍東側に架かるのが高石橋で、『郷土史ゆりが丘』(著/大塚新平 1972年/大塚書店)には、次のように記されている。
「駅の東側の陸橋「高石橋」が出来たのが昭和三十四年二月、この頃は未だ百合丘の名称はなかったし駅も出来ていなかった。住宅公団が宅地造成するのにブルドーザーを使わなければならないが県道からこちらに入る広い道路がなかった。そこで先ず最初に百合丘の入口を造らなければならなかった。その為に小田急線を跨いで橋を架け通路を造った訳で、何よりも橋が一番先に出来た」(原文まま)
1962年に公開された『喜劇 駅前飯店』(1962年/東宝・東京映画)では、掲載した写真とほぼ同様のアングルで、また『彼女と彼』(1963年/ATG・岩波映画)では、駅南側にある「ゆりストア」(百合丘本店)からのアングルで、跨線橋と高石橋が記録されており、特に後者の映像は、現在との位置関係を把握するには最適な資材と言えよう。


『百合ヶ丘駅』周辺PartⅠとなる今回、まずは駅南東側にある踏切周辺を取り上げたいと思う。


060009 S061019
左:『どっこい大作』第19話より
右:2016年5月
060010 S061020
左:『どっこい大作』第19話より
右:2016年5月
掲載した映画像は、『どっこい大作』第19話「金じゃないぜ!! 心だよ!!」において、皆川さえ子(演/夏純子)が、父・雄三(演/牟田悌三)を追いかけ、踏切を潜るシーン。
撮影が行われたのは、「読売ランド前4号踏切」。
背後に写るのは「三幸商事」と「食堂大万」で、現在は、「パークレガーロ百合ヶ丘」というマンションになっている。
因みに、前述『彼女と彼』にも、この「読売ランド前4号踏切」付近で撮影されたシーンがあり、「三幸商事」脇(厳密には高石3丁目)から捉えたアングルが記録されている。

060011 S061021
左:『どっこい大作』第19話より
右:2016年5月
雄三はタクシーに乗り、行ってしまう・・・。
映画像を見ると、さえ子の左前方に材木が立てかけられているのが分かる。
当時、この場所には「和知木材」という建材店があった。
遠方に見えるのが、高石橋と『百合ヶ丘駅』の跨線橋である。

060012 S061023
左:『どっこい大作』第19話より
右:2016年5月
さえ子の元に駆け寄る大作(演/金子吉延)。
現在、「和知木材」は「ワイ・ディ・エム百合丘」というマンションとなっている。

060013 S061024
左:『どっこい大作』第19話より
右:2016年5月
2人の背後に写るのは、建物が現存する「NTT東日本百合ヶ丘電話交換センタ」。
当時は、「日本電信電話公社登戸電報電話局百合ヶ丘分局」であった。

因みに、電報と言えば・・・。
060015
上:『どっこい大作』第26話より
『どっこい大作』第26話「ゴメンよ!! 母ちゃん!!」で、北海道の実家に住む母・たつ子(演/小林トシ枝)の体調が思わしくないと、東京で働く大作の元に届けられた電報。
よく見ると・・・。
おそらく、『東映生田スタジオ』宛で実際に電報を依頼し、届けられたものを小道具として使用したのだろう。


(主参考文献)
『郷土史ゆりが丘』(著/大塚新平 1972年/大塚書店)

(映画像掲載作品)放映順
『どっこい大作』第19話「金じゃないぜ!! 心だよ!!」(1973/5/21放送)
『どっこい大作』第26話「ゴメンよ!! 母ちゃん!!」(1973/7/9放送)


Phase061 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

読売ランド前4号踏切

ここの踏切、ロケ地とは関係ないんですが近年のゲリラ豪雨で直ぐに浸水して運転見合わせの原因になっています。線路に向かって両側が傾斜になっているので無理もないんですが。
あと踏切から直近に信号があるせいか線路内に車が立ち往生なってことも度々あるようです。

Re: 読売ランド前4号踏切

コメント有難うございます。

恥ずかしながら、ここで、仰るような立ち往生になりかけたことがあります。
ギリギリ回避しましたが・・・
神奈川県に住む以前の話です。
プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR