Phase067 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/柳通りPartⅡ

前回(Phase066)記したように、今回は、「百合丘小学校前歩道橋」周辺から始めたいと思う。


067001 S067002
左:『どっこい大作』第33話より
右:2016年5月
『どっこい大作』第33話「殺し屋にパンを投げろ!!」では、マリ王女(演/キャロライン洋子)に近付く侍従たち(演/たこ八郎ほか)の姿が描かれた。

067002 S067004
左:『どっこい大作』第33話より
右:2016年5月
アングルは、「百合丘小学校前歩道橋」下から『百合ヶ丘駅』方面を捉えている。
ここから後ろに振り向くと・・・。

067004 S067006
左:『どっこい大作』第33話より
右:2016年5月
こうなる。
このフェンスの向こう側にあるのが、『川崎市立百合丘小学校』(以下、『百合丘小学校』)。

067008 S067014
左:『超人バロム・1』第23話より
右:2017年7月
作品変わって、こちらは『超人バロム・1』第23話「魔人ノウゲルゲが脳波を吸う!!」から。
猛(演/飯塚仁樹)ら三人が駆け上がっているのは、『百合丘小学校』南側にある階段。

067009 067010
S067015
上2枚:『超人バロム・1』第23話より
下:2017年7月
被った人間を一瞬で老人に変えてしまうというドルゲ帽子。
前述、階段上では、そのカギを握ると思しき店の前で、猛らが潜入の打ち合わせをするシーンが描かれた。
背後は『百合丘小学校』のグラウンドで、遠方に見える建物は、「百合ヶ丘ハイツ」。
南側が茶色から白色に再塗装されているが、「百合ヶ丘ハイツ」は今も現存している(木々の成長により、全く見ることが出来ない)。
因みに、このカメラ位置の横に、当時、『百合丘小学校』御用達の「すみれ文具手芸店」があった。

067011 S067018
左:『超人バロム・1』第23話より
右:2017年7月
怪しい帽子店からなかなか戻ってこない猛と健太郎(演/高野浩幸)を心配する木戸松五郎(演/砂川啓介)。
撮影は、『百合丘小学校』に面した柳通り沿いで行われており、木々の合い間から同校の旧校舎が見て取れる。

067012 S067008
左:『超人バロム・1』第23話より
右:2016年5月
件の帽子店の様子を探るべく、柳通りを渡る猛と健太郎。
当時、彼らの後方にあったお店は、「ロン美容室」「森永牛乳百合ヶ丘配給所(横山乳業)」「すみれ文具手芸店」(映画像左から)。
「ロン美容室」は、ビルにリフォームされて現存する。

067014
上:『超人バロム・1』第23話より
S067009
上:2015年4月
その帽子店とは、「平山帽子店」。
ロケに使われたのは、『ニコラス洋菓子店』の旧店舗。
1968年創業の同店は、地元の方々に愛され続けている人気ケーキ店。
中でも、モンブラン、焼き菓子が美味である(個人的感想)。
因みに、映画像左の壁に〝INIC〟という文字が読み取れる。
これは、当時、北隣にあった「増田歯科医院」の〝DENTAL CLINIC〟の一部と思われるが、現在は、別の歯科医院となっている。

067015 S067010
左:『超人バロム・1』第23話より
右:2016年5月
北隣の歯科前にある植え込みに、僅かながらも往時の面影が残されている。

067016 S067011
左:『超人バロム・1』第23話より
右:2016年5月
戻って来ない猛と健太郎を心配し、「平山帽子店」の様子を探りに行く松五郎。
柳で見えづらいが、電信柱に掲げられていたのは、「長谷川金物店」の広告。
同店は、現在の「コートコア百合ヶ丘」の場所にあった。

067017 S067012
左:『アクマイザー3』第31話より
右:2014年12月
『アクマイザー3』第31話「なぜだ?! 地獄からの挑戦状」で映し出された『ニコラス洋菓子店』。
撮影は、柳通りを挟んだ向かいの果物屋店内から。

067018 S067013
左:『アクマイザー3』第31話より
右:2014年12月
当時は、1階に果物屋、2階に喫茶店を配する「万果園」というお店であったが、現在、1階は「ファンシーショップ チャーミング」となっている。

067019 S067019
左:『アクマイザー3』第31話より
右:2017年7月
2階の「万果園」は健在。
漂う雰囲気は、まさに昭和の純喫茶。
そのためか、店主の方によると、撮影に使わせて欲しいとの依頼がこれまで何度もあったという。
しかし、「一度も承諾したことはありません」とのこと。
掲載した映画像は、「児童公園」だった頃のもので、現在は「三和百合ヶ丘店」、および「パシオス百合ヶ丘店」の駐輪場となっている。
また、ブロック塀の向こうに見える建物は、当時、地元の方々に愛された「ペリカン書店」。


(編集後記)
去る7月11日、砂川啓介さんが、尿管がんのため80歳でご逝去されました。
猛と健太郎の二人、子供が主人公の『超人バロム・1』でありましたが、感情移入するというよりは、ドルゲ魔人やSEなど、作品全体に漂う雰囲気に、当時、やはり不気味で怖かった記憶があります。
その中にあって、松おじの彼らとの掛け合いは魅力的で、今、観ると、アドリブとしか思えない数々の名演技に、エンターテイメント性を感じずにはいられません。
心よりご冥福をお祈りいたします。


(映画像掲載作品)放映順
『超人バロム・1』第23話「魔人ノウゲルゲが脳波を吸う!!」(1972/9/3放送)
『どっこい大作』第33話「殺し屋にパンを投げろ!!」(1973/8/27放送)
『アクマイザー3』第31話「なぜだ?! 地獄からの挑戦状」(1976/5/4放送)


Phase067 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR