Phase074 【ロケ地】川崎市麻生区百合丘/富士塚商店街

Phase073で記したように、『百合丘第二団地』は残念ながら既に姿を消し、現在は「UR都市機構百合ヶ丘みずき街」、及び「パークシティ新百合ヶ丘」となっている。

075001 S075004
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より(映①)
右:2011年6月
『百合丘第二団地』は、101号棟から131号棟までの三十一棟で構成されており(110号棟は集会所)、その最北端、『百合ヶ丘第二公園』の東側にあったのが、130号棟と131号棟である。
他の棟とは異なり、この二棟だけは、一階が商店、二階が住居という造りになっており、「富士塚名店街」と呼ばれていたという。
131号棟は、食料品、お酒などを取り扱っていた「生田ストアー」(後に、「生田ストアー」と「生田食料品店」に改編)で、現在は、かつて101号棟が建っていた場所で営業継続中。
つまり、Phase073に掲載した「スリーエフ百合丘三丁目店」である。
現に、その入口には、「スリーエフ百合丘三丁目店」の下に、「(有)生田ストアー」の文字も併記されている。
一方の130号棟は、複数の店舗で構成されており、時期によって異なるが、1971年には以下のお店が入っていた。
・藤井商店(金物・雑貨)
・百合ヶ丘薬店
・鮮魚定温冷蔵 百合丘支店
・千曲青果
そして、『好き!すき!!魔女先生』第6話「僕の弟はロボットだ!」において、ケイタローが逃げ惑うシーンの一部が、この130号棟周辺で撮影された。

075002 075003
上2枚:『好き!すき!!魔女先生』第6話より(右:映②)
撮影に用いられたのは、その最南端に位置していた「千曲青果」。
映像は、店内からのアングルのみで、残念ながら外観は記録されていない。
映画像①を始め、上掲した映画像は、全て店内から南側を捉えたもの。
当時、そこに建っていたのは個人邸宅であったが、現在は、動物病院とクリーニング店となっている。

S075006
上:2014年9月
『百合丘第二団地』130号棟の現在の姿。
尚、映画像②の右端に、水色と青色のツートンカラーをした日差し除けが写っているのが分かる。
これは、当時、131号棟の南側に建っていた「日之出マーケット」。
「上原商店」「丸栄テレビ電化」「履物洋品 ふじや」「中華そば白養軒」「クリーニング アメリカンクリーナース」「とんかつ かつ吉」「新井米店」「三味堂」「大和精肉店」「八百武青果店」「鮮魚 魚久商店」「美登利寿司」といった店舗で構成されていた(時期によって異なる)が、こちらも現存せず。
跡地には「藤和シティホームズ百合丘公園」というマンションが建っている。
因みに、映画『彼女と彼』(1963年/ATG・岩波映画)には、『百合ヶ丘第二公園』から捉えられた当時の「日之出マーケット」の姿が記録されているので、機会があれば是非ご覧頂きたいと思う。

075005 S075017
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
右:2017年8月
その後、ケイタローは、東側の出入り口から逃走していく。

075006 S075009
左:『好き!すき!!魔女先生』第6話より
右:2009年8月
掲載した映画像は、同エピソードにおいて、ケイタローがアルバイトで稼いだお金で、信夫(演/佐久田修)がパンを買いにいくシーン。
映像でのカットは掲載した映画像のみだが、前述130号棟の近くに実在したパン屋さんがロケに使用された。

S075012
上:2009年8月
これが、そのパン屋さん、『百合丘ベーカリー』。
高齢のご夫婦が経営されていたというが、閉店してから既に久しいようである。
当店を回顧する際、殆んどの方がこう仰っている、「ここのクリームパンの味が忘れられない」と。

S075013
上:2011年6月
『百合丘ベーカリー』以外にも、「すぎ美容室」「やまと屋呉服店」「まぶち商店」「伊藤牛乳店」「増田牛乳店」「横山豆腐店」「松葉浴場」「丸山バーバー」「宇田川屋豆腐店」といった商店(時期によって異なる。「松葉浴場」など一部は現存)、そして前述した『富士塚名店街』、「日之出マーケット」を含め、この一帯は「富士塚商店街」と呼ばれ、当時は、『百合丘第二団地』に住む人々を中心に大いに賑わったという。
店舗数は減ったものの、今もその名を残している。


075008 S075019
左:『ロボット刑事』第3話より
右:2015年4月
『ロボット刑事』第3話「時計発狂事件」で、ジリキマンに襲われた、たけし(演/松葉寛祐)の父(演/北川陽一郎)が入院していたのは、『富士塚商店街』近くにある某医院。
南側は往時のままだということが分かるが、正面玄関も含めて北側は大きくリフォームされている。

075010 S075020
左:『ロボット刑事』第3話より
右:2017年8月
父親の容態に、悲しみと悔しさ、そして怒りを覚えたたけしは、思わず病室を飛び出してしまう。
背後に見えるのは、こちらも今は無き『百合丘第一団地』18号棟の擁壁部分。

075011 S075022
左:『ロボット刑事』第3話より
右:2009年8月
正面玄関前では、夜間撮影も行われている。

075012 S075024
左:『ロボット刑事』第3話より
右:2017年8月
たけしを励ますK。
医院の南側で撮影された
遠方に見えるのは、「井上商店 百合ヶ丘寮」。
その背後に隠れるように写っているのは、今も健在する「百合ヶ丘マンション」。


(映画像掲載作品)放映順
『好き!すき!!魔女先生』第6話「僕の弟はロボットだ!」(1971/11/7放送)
『ロボット刑事』第3話「時計発狂事件」(1973/4/19放送)


Phase074 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR