Phase077『東映生田スタジオ』⑩ 【(D)第2ステージ】PartⅡ

S077001 S077002
左:2006年5月
右:2009年10月
S077003 S077004
左:2009年11月
右:2010年9月
S077005
上:2010年9月
第2ステージが建っていた辺りの北側に残る、錆びついた鉄製の遺物。
状態からして、『東映生田スタジオ』に関連するもの、そして、その形状から推察すると、扉(スライド式)下部の残骸ではないだろうか・・・。

S077006 S077007
左:2006年5月
右:2008年12月
S077008 S077010
左:2009年10月
右:2009年11月
S077011
上:2009年11月
その脇にある、原色は水色だったと思われる遺物。
設置場所、錆び具合から考えて、こちらも『東映生田スタジオ』に関連するものだということは、容易に想像出来たのだが・・・。
現在、公になっている『東映生田スタジオ』、及び「C.A.L」期のスタジオを記録したスチールは思いの他少ない。
実際は、日の目を見ていない多くの写真の存在も十分に考えられるが、出版物などでは公表される機会を得ておらず、例え公表されていたとしても、当時の様子を伝えることを目的にしたものではなく、番宣用に撮られた各キャラクターの紹介スチールとして、その背景に確認出来るものばかりである。
その数少ない写真を一枚一枚検証してみても、やはりこの遺物を見つけ出すことは出来ない。
一体、この正体は何であろうか?

S077034
上:『東映生田スタジオ』水道工事関連資料(寄贈:箕輪氏)
S077035
上:『東映生田スタジオ』水道工事関連資料(資①)(寄贈:箕輪氏)
これは、賃貸契約解除を二年後に控えた1976年、『東映生田スタジオ』における水道工事が行われた際、某工務店によって作成された関係資料の一部である。
第2ステージが〝第一スタジオ〟と記載されているなど、誤記も一部見られるが、現存していること自体がまさに奇跡の一語と言えよう。
資料①は、上に掲載した資料の一部をアップにしたものだが、部分に○が確認出来る。
そして、現在、前述した、原色が水色だったと思われる遺物があるのが、ちょうどこの辺り。
つまり、これは、水道関連の遺物ではないだろうか。

S077012
上:2009年11月
結論―。
かつて、この場所には地下水が湧いており、この物体はそれを汲み上げた機具の残骸である。
「この下に、100~120㍍くらい掘ったんだ」とは、𡈽方氏の証言。
また箕輪氏によると、『東映生田スタジオ』で使用する水は全てこの場所から賄われていたとのこと。
因みに、プレートにある「極東機械製作所」とは、現在の「テラル」。
ポンプの製造・販売を中心に事業展開を行う会社である。

S077013 S077014
左:特写より(特①)
右:2011年11月
掲載した特写は、「キャラクター大全 特撮全史 1970年代ヒーロー大全」(2016年/講談社)に掲載された、『超人バロム・1』に登場するマッハロッドを第2ステージ北側で記録したもの。
注目すべきは、現在、遺物がある辺りにタンク状のものが確認出来ること。
つまり、原色が水色だったと推測される物体は、このタンクの中にあったということになる。
因みに、このマッハロッドは、第12話「魔人キノコルゲはうしろからくる!」から登場する、所謂Bタイプと呼ばれるもので、撮影されたのは1972年初春の頃と推測される。

076002 076003
左:『仮面ライダーV3』第25話より
右:『イナズマン』第21話より
このタンクは映像にも記録されており、初出は『仮面ライダーV3』第25話「怪奇!! デストロンレインジャー部隊」。
デストロン戦闘員が、第三浄水場にミイラ薬を混入するシーンで、外観(門部)は、稲城市坂浜にある『東京都水道局 坂浜浄水所』で撮影されているが、実際に毒薬を混入するシーンは、件のタンク周辺で撮影されている。
また、『イナズマン』第21話「渡五郎 イナズマン死す!?」では、自分を看病してくれた牧場主(演/中山昭二)が、実は新人類帝国の手下であることに気づき、渡五郎(演/伴直弥)が、夜間にライジンゴーで逃げようとするシーンが撮影された。

076004 076006
左:『イナズマンF』第7話より
右:『ジャッカー電撃隊』第32話より
『イナズマンF』第7話「大決戦!ウデスパー対イナズマン!!」では、ウデスパーのミサイル攻撃を受け、五郎らが隠れ家から脱出するシーンが描かれている。
『ジャッカー電撃隊』第32話「どっちが本もの?! 危うしビッグワン」の映画像は、第2ステージ北側にあったスタッフルーム西側からのアングル。
階段の奥に、件のタンクが確認出来る(小屋のようなものは、同時制作の第31話で使用された屋台のセット)。

S077031
上:2010年12月
タンクがあった場所の西側(掲載した写真右側)に水道の蛇口が設置されている。

S077029 S077032
左:特写より
右:2015年9月
掲載した特写は、「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1」(2004年/講談社)に掲載されたもので、『仮面ライダーアマゾン』に登場するジャングラーの特写スチール(撮影は1974年9月初旬)。
ジャングラーは、第2ステージ北西角に停められており、注目すべきは、雨とい左に写る蛇口とホース。
現在、水道の蛇口が設置されている場所は、ちょうどこの辺りである。
上掲した資料①の部分の○は、この蛇口を表しているのではないだろうか。

076005 076007
左:『どっこい大作』第26話より
右:『秘密戦隊ゴレンジャー』第8話より
『どっこい大作』第26話「ゴメンよ!! 母ちゃん!!」、及び『秘密戦隊ゴレンジャー』第8話「黒い恐怖!殺しの毒牙」で映し出された、第2ステージ北西角にあった雨とい越しのアングル。

076008 076009
上2枚:『アクマイザー3』第10話より
掲載した一連は、『アクマイザー3』第10話「なぜだ?! ダルニアの危機」における、アクマ族による大東京焦土計画の解説シーン。
当シーンでは、雨とい、及び水道施設をはっきりと確認することが出来る。


S077033
上:2014年9月
ある意味、『東映生田スタジオ』を影で支えた功労者。
但し、経年的劣化は勿論のこと、最近では残念ながら意図的な破壊もあり、プレートや幾つものボルトが姿を消している・・・。



(主参考文献)
「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1」(2004年/講談社)
「キャラクター大全 特撮全史 1970年代ヒーロー大全」(2016年/講談社)


(映画像掲載作品)放映順
『どっこい大作』第26話「ゴメンよ!! 母ちゃん!!」(1973/7/9放送)
『仮面ライダーV3』第25話「怪奇!! デストロンレインジャー部隊」(1973/8/4放送)
『イナズマン』第21話「渡五郎 イナズマン死す!?」(1974/2/26放送)
『イナズマンF』第7話「大決戦!ウデスパー対イナズマン!!」(1974/5/21放送)
『秘密戦隊ゴレンジャー』第8話「黒い恐怖!殺しの毒牙」(1975/5/31放送)
『アクマイザー3』第10話「なぜだ?! ダルニアの危機」(1975/12/9放送)
『ジャッカー電撃隊』第32話「どっちが本もの?! 危うしビッグワン」(1977/12/3放送)


Phase077 End


お願い&お断り
〇当ブログの記事、図版、画像などを無断で複写、複製、転載、データ化することはご遠慮願います(諸般の事情により、一部、画像処理を施してあります)。
〇当ブログ中、一部を除き、関係者の名は当時のものを記載し、敬称は省略させて頂きます。
〇ロケ地紹介などで掲載する写真の中には、経年の結果、撮影時とは更に変貌を遂げている箇所があります(参考までに撮影年月を記載します)。



当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

コメント

非公開コメント

プロフィール

hide男

Author:hide男
東映生田スタジオと同作品ロケ地研究の場です。

当ブログは、管理人個人の趣味の範疇にあり、作品の配給元とは一切関係なく、利益を得ること、著作権を侵害する意図は一切ございません。
比較などのために引用する画像の権利は、全て原権利者に帰属します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR